注目のスタートアップ

「ONE SLASH ONE」が資金調達 次世代型マイクロジム「1/workout」のプロトタイプを公開

company

2022年5月9日、株式会社ONE SLASH ONEは、資金調達を実施したことを発表しました。

また、次世代型マイクロジム「1/workout」のプロトタイプを公開したことも併せて発表しました。

「1/workout」は、AIアルゴリズムと、自動でセットアップとアシストを行う高重量トレーニングマシンにより、セルフでも効果的で安全な筋力トレーニングを可能にするマイクロジムです。

独自設計のトレーニングマシンは、ユーザーの体格に合わせて種目ごとにバーベル・セフティバーの位置を自動的にセットアップすることができます。AIによって危険な動きを察知し、セーフティバーを自動的にセットするため、安全にトレーニングを行うことが可能です。

プログラムについては、スピードを基準としたトレーニング理論であるVelocity-based Trainingをもとに、ユーザーのトレーニング目的と筋力レベル、そして当日の体調に最適化されたプログラムを自動生成します。

トレーニングマシン・AIカメラ・センサーなどは、15平米ほどのスペースに設置されており、ユーザーは完全個室空間の中でトレーニングを行うことができます。

今回の資金は、AI搭載の高重量トレーニングマシンの開発や、開発人材の採用、年内のパイロット店舗のオープンに向けた開業資金に充当します。

新型コロナウイルスの流行により、人びとの健康に関する意識は大きく変化しました。コロナ以前から健康志向は続いていましたが、コロナによりさらに高まっている状況にあります。

経済産業省が公表している「特定サービス産業動態統計調査」によると、フィットネスクラブの売上と利用者数は堅調に成長しており、2019年には全国に約336万人の会員が存在しています。

また、近年はテクノロジーの発展により、次世代のセルフ型ジムも増加しています。こういったセルフ型ジムでは、トレーニングマシンなどにAIを組み込むことでトレーニングの状況を可視化し、最適なトレーニングのサポートや、トレーニングプログラムの自動作成などを実現しています。

これを活用することで多くの業務効率化を図り、クオリティの高いトレーニングと低廉化を両立することができるのです。

日本は欧米と比べてみるとフィットネスクラブへの参加率は相対的に低く、まだまだ成長の余地があるといえます。ユーザーをさらに増やすためには、会員となるまでのハードルを低くし、月額料金を安くして継続しやすくすることがひとつの手として考えられるため、こういったテクノロジーを活用したセルフ型ジムは大きく広がっていく可能性があります。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレス・チェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 1/workout AI ONE SLASH ONE ジム トレーニング フィットネス ヘルスケア 株式会社 自動 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

女性限定チャット相談サービス「メンヘラせんぱい」開発・提供の「メンヘラテクノロジー」が資金調達
2021年3月9日、株式会社メンヘラテクノロジーは、資金調達を実施したことを発表しました。 ”幸せに病める世界をつくる”を目標に、女性限定のチャット相談サービス「メンヘラせんぱい」の開発・運営を行って…
「Relic」提供のSaaS型クラウドファンディング・サイト構築サービス「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」の導入数が累計100サイトを突破
2020年8月31日、株式会社Relicは、「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」の導入数が累計100サイトを突破したことを発表しました。 「CROWDFUN…
住宅購入のオンライン相談窓口「auka」運営の「ギバーテイクオール」が3.2億円調達
2021年11月17日、ギバーテイクオール株式会社は、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 住宅購入のオンライン相談窓口「auka(アウカ)」を運営しています。 予算に応じた…
「国内スタートアップ資金調達額ランキング(2020年1月〜5月)」が発表
2020年6月11日、フォースタートアップス株式会社は「国内スタートアップ資金調達額ランキング(2020年1月〜5月)」を発表しました。 フォースタートアップスは、成⻑産業領域に特化した情報プラットフ…
ロボティクス・プラットフォーム提供の「Rapyuta Robotics」が物流ソリューションの「モノフル」と資本業務提携
2020年2月17日、Rapyuta Robotics株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、日本GLP株式会社のグループ会社である株式会社モノフルと資本業務提携し、物流施設の自動化…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ