注目のスタートアップ

採用サイト作成ツール「採用係長」提供の「ネットオン」が3.6億円調達

company

2022年5月6日、株式会社ネットオンは、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ネットオンは、採用サイト作成ツール「採用係長」や、採用Webマーケティング事業、Indeed運用代行・代理店事業を展開しています。

「採用係長」は、最短2分で採用サイトを作成でき、求職者の集客から、応募者の選考状態までを一元管理できるクラウド型の採用サイト作成ツールです。

作成した採用サイトは求人検索エンジンやSNSに一括で掲載することができます。

今回の資金は、「採用係長」の機能強化や、人材採用の強化に充当します。

採用サイトとは、企業が採用活動の一環として企業サイトとは別に作る採用活動専用のサイトのことです。

採用サイト内のページには、会社案内、提供しているサービス・プロダクトの内容、顧客からの声、問い合わせ、社員のインタビュー記事など、求職者に向けたコンテンツだけを掲載します。

企業サイトとは別に専用のサイトがあることで、求職者は企業の詳細な情報を得ることができますし、求職者に対して配慮している企業であるというイメージを持つことになります。また、今やほとんどの求職者は、目的の企業のことをインターネットで検索するため、採用サイトが閲覧されないということはないでしょう。

ほかにも、採用サイトは一般的な求人媒体よりも効果が高いとされており、さらに広告を打ったりSNSで共有することでさらに効果を高めることができます。

一方で、自社にWebサイトを制作できる人材がいない場合、外部に制作を依頼することになります。Web制作はコストがかかってしまうことから、採用サイトを制作したくても二の足を踏んでいる企業も多いでしょう。

ネットオンは、採用サイト作成ツール「採用係長」を提供することで、採用サイトを作りたくてもコストの面から難しかった企業を支援しています。

人材の採用は企業の成長にとって重要です。しかし創業期の人材採用は大きな投資のため失敗ができません。「冊子版創業手帳」では、創業期における人材採用のノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Webサイト Webマーケティング サイト ツール ネットオン 人材採用 作成 制作 採用 株式会社 求人 資金調達 運営 運用
広報手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アバター技術により人間を生身から解放する「AVITA」が設立 5.2億円を調達
2021年9月7日、AVITA株式会社は、総額5億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人と関わるロボットやアバターの研究開発を行う石黒浩氏(大阪大学大学院基礎工学研究科教授)が設立…
太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」提供の「シェアリングエネルギー」が資金調達
2020年10月29日、株式会社シェアリングエネルギーは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ENEOS株式会社です。 シェアリングエネルギーは、個人向けの太陽光発電システムの第三者所有…
VTuberグループ「にじさんじ」運営の「いちから」が19億円調達
2020年4月14日、いちから株式会社は、総額約19億円の資金調達を実施したことを発表しました。 VTuberグループ「にじさんじ」を中心に、日本・海外でエンターテインメント事業を展開しています。 バ…
PoliTech(政策テック)の「issues」が2,350万円調達
2019年12月2日、株式会社issuesは、総額2,350万円の資金調達を実施したことを発表しました。 くらしの悩みをみんなで解決するWebサービス「issues -くらしの悩みをみんなで解決-」を…
「Salesforce」導入支援などの「ウフル」が資金調達
2021年1月5日、株式会社ウフルは、資金調達を実施したことを発表しました。 2008年からセールスフォース・ドットコムのパートナー事業を開始し、Gold Partnersの一員として、「Salesf…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ