注目のスタートアップ

調剤薬局・零売薬局・訪問看護などを展開する「GOOD AID」が3億円調達

company

2022年4月28日、GOOD AID株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

GOOD AIDは、2022年5月現在、調剤薬局「おだいじに薬局」を26店舗と、子会社であるセルフケア薬局株式会社を通じて零売薬局「セルフケア薬局」を6店舗展開しています。

またほかに、訪問看護・訪問リハビリ事業「おだいじに訪問看護リハビリステーション」、医療・介護従事者向け人材紹介サービス「おだいじにキャリア」を展開しています。

今回、引受先である、名古屋鉄道株式会社、近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社の2社からの支援を受け、名古屋・関西地域の「スマート健康シティ構想」の強化を行っていきます。

すでに、JR西国分寺駅では、JR東日本との提携により、駅ナカ店舗として「セルフケア薬局」を展開しています。今後、駅だけでなく、地域のアセット活用をはじめ、様々な協業の可能性を模索しながら、薬局からスマート健康シティを実現していきます。

零売とは、薬剤師が顧客にカウンセリングをしたうえで、医療用医薬品のうち処方箋なしでの販売が認められた医薬品(約7,300種類)を販売することを指します。

ドラッグストアなどで普通に買える薬よりも効果が高い医療用医薬品を、病院での受診なく購入することができるため、ビジネスパーソンなどの忙しい人や受診しなくても良い程度の症状の人のニーズがあります。

一方で零売は非常に手間がかかる販売方法となります。医療用医薬品を扱うため、販売量を必要最低限にする、薬は調剤室・備蓄倉庫で保管する、薬剤師が調剤室で薬を分け、対面で販売する、顧客の情報を正確に記録する、薬歴を管理するなどのルールがあります。

しかし、現在は高齢化の進展もあり、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築の実現が急務となっています。

薬剤師・調剤薬局も医療・介護・予防の一翼を担い、医療において適切な役割を果たしていくことが求められているため、零売への取り組みなど薬局としての事業を広げていくことが必要であり、診療報酬改定などにより、より多様な患者に向けたサービスの提供を促すような環境に変化しています。

このことを受け、テクノロジーを活用した零売薬局の仕組みづくりを行うスタートアップや、薬局向けの顧客管理システムを提供するスタートアップなども増えており、今後様々なイノベーションが生まれる可能性がある市場として注目されています。

ヘルスケアは企業の健康経営にとても重要です。雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GOOD AID おだいじにキャリア おだいじに薬局 おだいじに訪問看護リハビリステーション セルフケア薬局 株式会社 看護 訪問 調剤薬局 資金調達 零売薬局
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

観光・宿泊産業のDXを推進する「Tabist」(旧:OYO Japan)が5億円調達
2022年4月21日、Tabist株式会社は、5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社が運営する、JICベンチャー・グロース・ファ…
次世代ゲノム解析サービス開発の「Zene」が5,000万円調達
2021年3月8日、株式会社Zeneは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代ゲノム解析サービス「Zene360」をB2B/B2E向けに提供するため、サービス利用の募集を…
スマホ向けバッテリー・スタンド運営の「INFORICH」が10億円調達
2020年3月16日、株式会社INFORICHは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマホ充電器のシェアリング・サービス「ChargeSPOT」を運営しています。 駅などに設置され…
「ネクストミーツ」の代替肉が「焼肉ライク」全49店舗において12/14から販売開始
株式会社ダイニングイノベーションは、株式会社焼肉ライクが運営する「焼肉ライク」(全49店舗)において、12月14日(月)から「NEXTカルビ」・「NEXTハラミ」を販売開始することを発表しました。 「…
「創業手帳」によるセミナー「キャッチコピーの作り方講座」が12/22に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は、「キャッチコピーの作り方講座」を2020年12月22日(火)に開催することを発表しました。 「キャッチコピーの作り方講座」は、キャッチコピー=伝わる文章だと捉え、伝わる文章を書くた…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ