注目のスタートアップ

ペーパーレス経費精算システム「レシートポスト」などを展開する「TOKIUM」(旧:BEARTAIL)が35億円調達

company

株式会社TOKIUMは、総額35億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、株式会社BEARTAILから、株式会社TOKIUMに社名を変更し、さらに法人の支出管理ブランド「TOKIUM(トキウム)」を新設したことも併せて発表しました。

TOKIUMは、ペーパーレス経費精算システム「RECEIPT POST(レシートポスト)」、請求書オンライン受領・処理サービス「INVOICE POST(インボイスポスト)」を提供しています。

今回のブランド新設により、「RECEIPT POST」と「INVOICE POST」を、それぞれ「TOKIUM経費精算」・「TOKIUMインボイス」に名称を変更し、ブランドイメージを統合します。

今回の資金は、サービス開発・企業のSDGs(持続可能な開発目標)達成をサポートする新サービスの研究開発、人材採用、マーケティングに充当します。

企業では、業務効率化のため様々な業務において電子化が進んでいます。請求書の電子化は以前から取り組みが進み、PDFの請求書をメールでやりとりする光景も日常となりました。

請求書が電子になったことで、請求書の印刷、押印、封筒への封入、宛名書き、投函、請求書の保管・管理などの作業が削減されました。

一方で、PDFの請求書でもまだまだ効率化できる部分はあります。たとえばPDFの請求書は書式が統一されていないため、データ入力・仕訳・振込といった作業は人の手によって行われていることがほとんどです。

さらに、2023年10月1日からインボイス制度がはじまり、消費税の計算が複雑になります。これまでよりも作成・確認に時間がかかるため、請求書にまつわる業務を自動化するニーズが高まってきています。

ほかにも企業の収支に関わる業務としては経費精算があります。アナログな経費精算の場合は、申請の際に会社に戻る必要があります。近年はテレワークの普及など働き方が大きく変わっており、オフィスを主体とした業務フローが非効率的となり、多くの時間的なロスを生み出しています。そのため経費精算システムのニーズも高まっています。

システム・サービスの導入によって無駄な時間が削減されれば、その分重要な業務に時間を割くことができます。たとえば経理であれば、業績管理、予算管理などが挙げられます。これらは企業の競争力の源泉となるものであるため、支出管理の効率化は大きな効果を生んでくれることでしょう。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ INVOICE POST RECEIPT POST TOKIUM インボイスポスト システム トキウム ペーパーレス レシートポスト 株式会社 経費精算 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

都市型レジャー予約アプリ「FunNow」運営の「ファン・ナウ・ジャパン」と飲食店向け予約管理システム「ebica」運営の「エビソル」が業務提携
2020年10月5日、株式会社ファン・ナウ・ジャパンは、株式会社エビソルと業務提携したことを発表しました。 ファン・ナウ・ジャパンは、台湾発東アジア最大級の都市型レジャーの即時予約アプ…
コーディネート提案「XZ(クローゼット)」運営の「STANDING OVATION」が事業譲渡などにより2億円規模の資金調達
2020年3月18日、株式会社STANDING OVATIONは、株式会社ジンズホールディングスと、株式会社トレジャー・ファクトリーからの増資およびWebメディア「lamire(ラミレ)」の事業譲渡に…
社会課題の解決を目指すパートナーに出会えるマッチングプラットフォーム開発・運営の「ICHI COMMONS」が1.2億円調達
2021年10月6日、ICHI COMMONS株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会課題の解決を目指すパートナーに出会えるマッチングプラットフォーム「ICHI…
蚕専門の昆虫食スタートアップ「エリー」が第1弾商品「SILKFOOD チップス」を販売開始
2021年7月9日、エリー株式会社は、「SILKFOOD チップス」を自社ECショップで販売開始したことを発表しました。 エリーは、蚕専門の昆虫食スタートアップとして、養蚕や、原料の開発販売、商品開発…
栖峰投資ワークス株式会社 関 兵馬 | 京都を拠点に置く独立系VC
京都を拠点に置く独立系VC(ベンチャーキャピタル)で注目なのが関兵馬さんが2017年に創業した栖峰投資ワークス株式会社です。 VCの役割は、リスク資金の提供にとどまりません。 VCファイナンスやサポー…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ