注目のスタートアップ

アプリ完結型従量課金フィットネスクラブ「PocketFitness」運営の「NATURE FITNESS」が資金調達

company

2022年4月20日、株式会社NATURE FITNESSは、資金調達を実施したことを発表しました。

NATURE FITNESSは、アプリ完結型従量課金フィットネスクラブ「PocketFitness」を運営しています。

会員登録、トレーニング指導、オプション手続きなどすべてをアプリで完結させ、既存業務の80%を自動化することで、低価格を実現したフィットネスクラブです。

また料金体系についても、月額料金+通った分という従量課金制を採用しています。通った分の利用料金は変動性で、空いている時は安く、混んでいるときは高くすることで、ジムの利用を分散させています。

フィットネスマシンにはIoTフィットネスマシン「SHUA」を導入しており、自動で運動データを収集できるようにしています。

2022年4月現在、愛媛県松山市に1店舗を展開しており、2022年5月1日に高知県四万十市に2店舗目を開設する予定です。

新型コロナウイルスの流行により、人びとの健康に関する意識は大きく変化しました。コロナ以前から健康志向は続いていましたが、コロナによりさらに高まっている状況にあります。

経済産業省が公表している「特定サービス産業動態統計調査」によると、フィットネスクラブの売上と利用者数は堅調に成長しており、2019年には全国に約336万人の会員が存在しています。

またフィットネスクラブの動向としては、総合型の大きなフィットネスクラブが減り、小規模なフィットネスクラブが増加しています。これは総合型フィットネスクラブの出店コストが莫大であること、若年層を取り入れるための特化型のフィットネスクラブが増えたことが要因であると考えられています。

このようなことからフィットネスクラブは成長市場ではあるのですが、欧米と比べてみるとフィットネスクラブへの参加率は相対的に低く、まだまだ成長の余地があるといえます。ユーザーをさらに増やすためには、会員となるまでのハードルを低くし、月額料金を安くして継続しやすくすることがひとつの手として考えられます。

「PocketFitness」は、OMOによって運営コストを下げ、それを会費に反映させることで、ユーザーの経済面での負担を減らしています。

また、店舗運営側としては、トレーニングの指導をアプリとマシンで行うため人件費が削減されること、管理がすべてデジタル化されていることといったメリットがあります。

経済産業省が、2025年までに日本企業のDX化が成功しなければ年間最大12兆円の経済損失が発生する可能性があると指摘しています。デジタル化は既存のビジネスを大きく変化させる可能性を持っており、今後はデジタル化によって競争力を高めていくことが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ NATURE FITNESS OMO PocketFitness アプリ ジム トレーニング フィットネス ヘルスケア 効率化 従量課金制 株式会社 自動化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

カレンダー共有アプリ提供の「TimeTree」19.6億円調達
2019年12月24日、株式会社TimeTreeは、総額約19億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン向けカレンダー・シェア・アプリ「TimeTree(タイムツリー)」…
垂直軸型マグナス式風力発電機を開発する「チャレナジー」がLPG専業会社「アストモスエネルギー」と資本業務提携
2022年5月10日、株式会社チャレナジーは、アストモスエネルギー株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 チャレナジーは、垂直軸型マグナス式風力発電機(マグナス風車)を開発しています…
法⼈向けコンプライアンスデータベース提供の「KYCコンサルティング」が資金調達
2022年4月26日、KYCコンサルティング株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 コンプライアンスチェックツール「Risk Analyze(リスクアナライズ)」と、⾼機能リスク情報検索シ…
空飛ぶクルマ開発の「SkyDrive」が15億円調達
2019年9月30日、株式会社SkyDriveは、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸を特徴としている、空飛ぶクルマ“電動垂直離着陸型無操縦者航…
オフィス向け置き社食サービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」運営の「KOMPEITO」が4億円超調達
2020年10月27日、株式会社KOMPEITOは、総額4億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 オフィス向け置き社食サービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」を運営していま…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ