注目のスタートアップ

介護ワークシェアリング「カイスケ」運営の「カイテク」が3.7億円調達

company

2022年4月6日、カイテク株式会社は、総額3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

カイテクは、介護ワークシェアリング「カイスケ」を運営しています。

人材が不足している介護施設と、空き時間を有効活用したい介護士や看護師などの有資格者を直接マッチングするサービスです。

面接・履歴書なしですぐに働けること、給与を最短で当日に受け取れることなどを特徴としています。

今回の資金は、事業拡大・人材採用の強化に充当されます。

超高齢社会とは、65歳以上の人口の割合が全人口の21%を占めている社会のことです。2007年に日本は世界に先駆けて超高齢社会に突入し、それからも高齢者率が高まり続けています。2025年には、最も人口の多い世代が75歳以上の後期高齢者となり、65〜74歳の前期高齢者を含めると、総人口の約30%が高齢者に達する見込みです。

高齢者の増加は医療・福祉などの領域で様々な課題を生んでいます。特に人材不足が深刻で、介護業界では人材不足のせいで介護施設の入居待ちが発生し、サービスの継続が難しくなっている事業所も少なからずあります。

一方で、公益財団法人介護労働安定センターが発表している資料、令和2年度「介護労働実態調査」によると、人材の不足感は少しずつではあるものの改善傾向にあることがわかります。離職率も年々下がってきており、人手不足解消のための職場環境の整備や賃金向上などの取り組みが実を結んでいるといえます。

労働者側のデータとしては、前職をやめた理由として「結婚・妊娠・出産・育児のため」が25%ともっとも高くなっています。高齢化と共に少子化も社会課題となっているため、結婚・妊娠・出産・育児に関する対策も同時に実施する必要があると考えられます。

「カイテク」のようなワークシェアリングサービスは、人手不足の解消に役立つだけでなく、結婚・妊娠・出産・育児などで継続的に働くことは難しいものの、空いた時間に働くことはできるという人に労働環境を提供することができます。ワークシェアリングサービスが普及することで、スキマ時間に働きたい人に仕事を提供できますし、フルタイムで働いている人にも有給休暇などを取得しやすい環境を提供することができるようになるはずです。

人材不足は介護業界に限らず大きな問題となっています。創業期はフットワークの軽い運営が求められるため、事務作業などはアウトソーシングしても良いかもしれません。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ カイスケ カイテク マッチング ワークシェアリング 人材 介護 介護士 介護施設 株式会社 看護師 空き時間 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「国内スタートアップ資金調達額ランキング(2020年1月〜5月)」が発表
2020年6月11日、フォースタートアップス株式会社は「国内スタートアップ資金調達額ランキング(2020年1月〜5月)」を発表しました。 フォースタートアップスは、成⻑産業領域に特化した情報プラットフ…
尿によるがんの早期発見技術を開発する「Craif」が資金調達
2022年4月12日、Craif株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Craifは、酸化亜鉛ナノ構造体とマイクロ流路を組み合わせた独自のデバイス「ナノワイヤデバイス」により、尿中に含まれ…
孫の動画・写真をテレビで見られる「まごチャンネル」提供の「チカク」が5億円調達
2021年4月6日、株式会社チカクは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン・アプリで撮影した動画・写真をテレビに直接送信し、離れた家族と共有できるサービス「まごチャンネル…
介護施設マッチング・サービス運営の「KURASERU」が1.3億円調達
株式会社KURASERUは、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護施設マッチング・サービス「KURASERU(クラセル)」を運営しています。 退院後の在宅療養が困難な入院…
「創業手帳」によるPR動画作成セミナー「動画の作り方体験講座」が1/22に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は「動画の作り方体験講座」を2021年1月22日(金)に開催することを発表しました。 「動画の作り方体験講座」は、簡単なPR動画を作成する方法を解説するオンライン・セミナーです。 スマ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ