注目のスタートアップ

ダークストア型スーパーマーケット開発の「Mesh」が2億円調達

company

2022年3月16日、株式会社Meshは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ダークストア型スーパーマーケット「Mesh」を開発しています。ダークストアとは、ユーザーの来店がないデリバリー限定の店舗のことを指します。

一般のスーパーと同じように食品・飲料・日用品を取り扱い、アプリからの注文を受け付けてから20分以内に配達することを特徴としています。

サービス初期は東京23区内でサービスを提供し、順次日本全国・海外へとエリアを拡大していく予定です。

今回の資金は、「Mesh」の開発に充当されます。

購買行動がリアルからネットに急激に変化したことで、小売業界は長期的に縮小していくと予測されています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行は非常に大きなできごとで、買い物に行く頻度を減らす、ネットスーパーを積極的に利用するという消費者が増加しました。

ほかにもコロナ禍に見舞われてから飲食店のデリバリーやテイクアウトは増加しました。店内飲食をやめ、既存店舗でデリバリー限定・テイクアウト限定といった業態に変更する飲食店も目に付きます。

小売店においてもECやネットスーパーに参入する企業が増加しており、その便利さからコロナが収束したとしても市場に根付くものと考えられます。

一方、ネットスーパーは生鮮食品を扱うため、対応エリア・時間に制限があることが課題となっています。また、実店舗の運用も並行して行っているためオペレーションが複雑化し、実店舗・ネットスーパー双方に支障が生じてしまうこともあります。

また、自社サービスとしてネットスーパーを運用しなくとも、Uber Eatsに登録し商品をデリバリーしてもらうという施策をとる小売店もあります。しかし、これもオペレーションが課題となり、商品の用意が遅れてしまうといったトラブルが発生してしまうケースがあります。

このように、既存のリソースのまま実店舗とネットスーパーの両方を運営するとなると、リソースが分散し、非効率的な業務になってしまう可能性があります。また、リソース不足は、商品の注文時間の制限や、長い配達時間を生んでしまいます。

「Mesh」は、こういった課題を解決するため、デリバリーに特化したダークストア型のスーパーマーケットを開発しています。

ダークストアとは、既存店舗を活用して倉庫のように扱い、ECビジネスの配送拠点として活用してサービスを展開する業態のことを指します。

また、既存のスーパーマーケットと同じようなレイアウトであるため、顧客に商品を取りに来てもらう店頭受取に対応しやすいというメリットもあります。

デリバリーに特化することでオペレーションを効率化し配達までの時間を短縮しているため、早く商品が届いてほしいという顧客のニーズに応えるサービスになると考えられます。

ネット販売はスーパーだけでなく、どのような業種でも有効です。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC Mesh ダークストア デリバリー ネットスーパー 小売 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

請求書買取サービス「クラウドファクタリング」提供の「OLTA」が2億円調達
2019年11月27日、OLTA株式会社は、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタル株式会社です。 OLTAは、オンライン完結型ファクタリング(請求書買取)サービス…
子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営の「ハグカム」が資金調達
2021年3月9日、株式会社ハグカムは、資金調達を実施したことを発表しました。 子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営しています。 独自のレッスン・メソッドである「夢中メソ…
働き方改革・組織改革支援システム提供の「Qasee」が3億円調達
2021年12月24日、Qasee株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 働き方改革・組織改革支援システム「Qasee」を提供しています。 従業員ごとの業務状況を可視化・分析し…
「NEWoMan新宿」2階エキナカに新モデルのAIカフェロボット「root C」を設置
2021年12月13日、株式会社New Innovationsは、株式会社ルミネが運営する「NEWoMan新宿」に、「root C(ルートシー)」を設置し2021年12月10日からサービスを開始したこ…
「Propre Japan」がAIにより不動産の時価評価とバリュー・アップ・プランを提示するサービス「propREPORT」をリリース
2020年10月13日、株式会社PropreJapanは、2020年10月13日に「propREPORT(プロップレポート)」をリリースしたことを発表しました。 「propREPORT」は、AIにより…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ