注目のスタートアップ

空飛ぶクルマの運行サービスプラットフォームを開発する「エアモビリティ」が資金調達

company

2022年3月9日、エアモビリティ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。引受先は、日本特殊陶業株式会社です。

エアモビリティ(=空飛ぶクルマ)を、安全・容易・安価に航行・利用するためのサービスの提供のため、ナビゲーションシステム「AirNavi」などのインフラプラットフォームの開発、海外の空飛ぶクルマメーカーの日本市場参入の支援などを行っています。

今回の資金は、財務基盤の強化、インフラプラットフォーム開発の加速、組織体制・開発体制のさらなる強化に充当されます。

日本では、2025年に開催される大阪・関西万博で空飛ぶクルマ(エアモビリティ)によって万博会場まで送客するということが考えられています。すでに実証実験が開始されており、一般観客の前でもフライトが行われました。

そのほか中国では、電気自動車メーカーXpengの関連会社であるエアモビリティ企業のHT Aeroは、5億ドル(約570億円)の資金調達を実施するなど、次世代の乗り物として大きな注目を集めていることがわかります。また、ボーイングやエアバスなど航空製造企業でも開発や試験飛行が開始されています。

エアモビリティの大きなメリットには、広大な空を使えるため、道路の整備が必要ないことや直線距離で移動できることが挙げられます。そのメリットを最大限にするため、開発段階・構想段階にあるエアモビリティの多くは、垂直離着陸が可能なVTOL型であるという特徴があります。

安全性が確保され、民間企業でも購入できるほどの価格になれば、四輪の自動車を徐々に代替していくようになると考えられます。

一方で、法整備の必要性も認識されているほか、安全な航行を実現するためにはエアモビリティの航行を管理できるプラットフォームの実装も必要不可欠です。エアモビリティ株式会社は、空飛ぶクルマの社会実装のため、主にナビゲーションシステムの開発などソフトウェア面の事業を展開しています。

法整備の追いついていないような新たな領域でのビジネスでは、様々な関係先との連携が重要です。「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AirNavi インフラ エアモビリティ ナビゲーション・システム プラットフォーム モビリティ 株式会社 次世代モビリティ 空飛ぶクルマ 航空 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

自立分散システムを活用したキー(鍵)テクノロジーの「ビットキー」が32億円調達
2021年6月16日、株式会社ビットキーは、総額32億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 自律分散型システムを活用したデジタルコネクトプラットフォーム「bitkey platform」と、そ…
採用イベントのオンライン開催ツール「Bizibl」運営の「Bizibl Technologies」が4,300万円調達
2021年1月19日、株式会社Bizibl Technologiesは、総額4,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 採用イベントのオンライン開催ツール「Bizibl(ビジブル)」を運営…
無料の事業計画作成サービス「ProfinanSS」がリリース
2019年12月18日、株式会社プロフィナンスは、「ProfinanSS(プロフィナンス)」をリリースしたことを発表しました。 「ProfinanSS」は、事業計画を無料で簡単に作成できるWebサービ…
ウェルネス・プロテイン「KOREDAKE」展開の「メップル」が資金調達
2020年12月10日、株式会社メップルは、資金調達を実施したことを発表しました。 ウェルネス・プロテイン「KOREDAKE」を展開しています。 女性が1食に必要な31種類の栄養素を配合した完全栄養プ…
「4loops」がアイデアを140字で投稿することで買取や出資を受けられるフリマ・アプリ「IDEA」をリリース
2020年8月14日、株式会社4loopsは、「IDEA(アイデア)」のリリースを発表しました。 「IDEA」は、140字以内でアイデアのつぶやきを投稿することで、買取や出資を受けられるスマートフォン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ