注目のスタートアップ

ファッションレンタルサービス運営の「collEco」が7,000万円調達

company

2022年3月9日、collEco株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ファッションレンタルサービス「collEco(コレコ)」を運営しています。

PC・スマートフォンから、国内外の人気ブランドのファッションアイテムを借りられるサービスです。気に入ったアイテムはそのまま購入することもできます。

今回の資金は、ブランドとの連携による商品数の拡充、サービス・オペレーションの強化に充当されます。

ファッション業界ではファストファッションの台頭により大量生産・大量消費のビジネスモデルがメインストリームとなっています。

大量生産・大量消費では余剰在庫の問題が深刻となっており、年間約28億点の商品が生産され、半数となる約14億点が余っているともいわれています。

このビジネスモデルは環境負荷が高く、生産工程における過酷な労働問題などもあり、ビジネスモデルの転換が消費者にも認識されています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行により、実店舗でのファッションへの支出が減り、ECでのファッションアイテムの購入が増加するという、購買行動の変化が起きています。

近年のサブスクリプションサービスの流行もあり、ファッションアイテムのサブスクリプションサービスが登場し、ファッションアイテムが循環するような仕組みも構築可能であることがわかっています。

一方、ファッションのサブスクでは、広く利用してもらえるよう無難なデザインのものが多かったり、高価なアイテムは取り扱っていないというケースが多いため、ファッションを趣味としている人には物足りないこともあります。

ファッションレンタルサービス「collEco」は、ファッションを趣味としている人に向け有名ブランドの高価なファッションアイテムを中心に取り扱い、良い洋服の二次流通市場を構築することを目指しています。

SDGsによって消費者の意識が変わっているため、以前までとは違った市場が登場しています。いくつもブルーオーシャンがあると考えられるため、市場を分析することが重要です。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ collEco アパレル ファッション ブランド レンタル 株式会社 洋服 衣類 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

生活に溶け込むスマートホーム製品を展開する「mui Lab」が3億円調達
2022年11月11日、mui Lab株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 mui Labは、ユビキタスコンピューティングの祖であるマーク・ワイザー氏が提唱した設計思想であ…
セミパーソナライズのファッションを開発・提供する「SOLIT」が資金調達
2021年11月2日、SOLIT株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 多様性や多様な価値観をすべて受け入れることのできる社会のビジネスの面からの実現を目指しています。 ひとつのサービス・…
スマートロック「SESAME」シリーズを展開する「CANDY HOUSE JAPAN」が「アスタリスク」と資本業務提携
2022年10月14日、CANDY HOUSE JAPAN株式会社は、株式会社アスタリスクと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 CANDY HOUSE JAPANは、スマートロック「SE…
「コーンテック」がAIカメラを活用した養豚の体重・体格・肉質計測に関する実証実験を開始
2021年6月7日、株式会社コーンテックは、東日本電信電話株式会社神奈川事業部、有限会社臼井農産と、AIカメラを活用した養豚の体重・体格・肉質測定の実証実験の取り組みを開始することを発表しました。 コ…
AI面接サービス「SHaiN」提供の「タレントアンドアセスメント」が3.35億円調達
株式会社タレントアンドアセスメントは、総額3億3,460万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン・アプリなどを介してAIが面接を行うサービス「SHaiN」を提供しています。 応募者…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ