注目のスタートアップ

Z世代向けマーケティング事業展開の「uzumaki creative」が3,000万円調達 NFTアートプロジェクト「AR Mask Club」を発表

company

2022年3月2日、株式会社uzumaki creativeは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、NFTアートプロジェクト「AR Mask Club」も併せて発表しました。

uzumaki creativeは、SNSマーケティング事業(Instagram ARフィルター制作、TikTok運用、TikTok音源制作、縦型ミュージックビデオ制作)を展開しています。

今回発表した「AR Mask Club」は、Instagram ARフィルター制作によって得られた知見を活用した事業です。

ARフィルター(現実世界にデジタルなモノを重ね合わせるもの)と“お面”をかけ合わせ、ARのお面をかぶることで自分をさらけ出せる非日常体験を提供することを目的としています。

また、NFTを活用することで、ARクリエイターなど収益を得られにくかったクリエイターに適切な報酬が支払われる仕組みを構築していきます。

今回の資金は、組織とマーケティングの拡大、NFT事業の推進に充当される予定です。

Instagramには「Spark AR」というAR機能が搭載されています。

動画を撮影する際に、自分の顔や身体、周辺の空間にデジタルなモノを動的に配置できるというもので、一般的にはARフィルターという言葉で認識されています。

Instagramでは、音楽に合わせて動くような機能を搭載したARフィルターも開発されており、今後のアップデートにより一般ユーザーの利用が進んでいくと考えられます。

こうしたARコンテンツは、企業のPRで利用されている事例も確認できます。たとえばファッションブランドの「DIOR」は公式Instagramアカウントでアイテムの試着をARフィルターとして提供しています。

uzumaki creativeは、このARフィルターの領域においてNFTを活用することにより、ARフィルターのクリエイターに適切な報酬が支払われる仕組みを構築することを目指しています。

ARフィルターは新しい文化であるため、今後どのように広がっていくのか予測がつかない部分があります。

一方で、ARはVRとは違って専用のデバイスを必要とせず、スマートフォンひとつで利用できるため、新たな時代の表現方法としてARのほうが先に市場に広がると考えられます。

Z世代をターゲットとしている企業は、ARフィルターといった新たな文化にも注目が必要です。

SNSマーケティングは新たな時代のマーケティング手法として大きな効果をあげられるものとして注目されています。「冊子版創業手帳」では、ネットPRのノウハウや、SNSの活用方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AR AR Mask Club ARフィルター Instagram NFT SNSマーケティング uzumaki creative アート マーケティング 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

シニア向けプリペイドカードサービス提供の「KAERU」が1.4億円調達
2022年3月24日、KAERU株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 KAERUは、シニア向けプリペイドカードサービス「KAERU」を提供しています。 事前チャー…
「第1回 Japan マーケティング Week【関西】」9月9日(水)からインテックス大阪で新規開催
リード エグジビション ジャパン株式会社が主催する、「第1回 Japan マーケティング Week【関西】」が2020年9月9日(水)~11日(金)の3日間、インテックス大阪で開催されます。   関西…
大学の技術シーズの事業化を手掛ける「ピクシーダストテクノロジーズ」が21.7億円調達
2022年10月3日、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社は、総額約21億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ピクシーダストテクノロジーズは、リアルとデジタルをつなぐ計算機インター…
ブロックチェーンを活用した新規事業開発支援の「CryptoPie」とブロックチェーン関連サービスの提供などの「CryptoLab」が業務提携
2020年10月20日、株式会社CryptoPieは、株式会社CryptoLabと業務提携契約を締結したことを発表しました。 CryptoPieは、2016年からブロックチェーン業界に携わり、ベンチャ…
エッジAIプロセッサー「AiOnIc」を開発する「ArchiTek」が11.8億円調達
2022年6月20日、ArchiTek株式会社は、総額約11億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ArchiTekは、エッジ側でのAI処理と画像・音声処理を行うエッジAIプロセッサ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ