注目のスタートアップ

エンジニアの採用育成支援サービス「TechTrain」提供の「TechBowl」が1.3億円調達

company

2022年1月27日、株式会社TechBowlは、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

エンジニアの採用育成支援サービス「TechTrain」を提供しています。

50社100名を超える有名企業のエンジニアに、好きな時にオンラインかつ1on1で、技術やキャリアの相談ができるエンジニアコミュニティです。

U30のエンジニアであれば無料で利用でき、エンジニアへの相談や、実務の疑似体験ができる独自のカリキュラムの受講、キャリアアドバイザーからの支援を受けることができます。

また、“良いエンジニアがいない”、“技術がわからないためどのように採用・育成をすれば良いのかわからない”といった企業の課題について「TechTrain」が相談に乗り、所属しているエンジニアを紹介し、企業のエンジニア人材の採用・育成を支援しています。

2019年に経済産業省が発表した「IT人材需給に関する調査」によると、2030年には45万人ものIT人材が不足すると試算されています。

このIT人材不足を受け、IT業界では人材育成の取り組みが目立つようになってきました。

特に多いのがテック系のオンラインスクールです。

プログラミングを広範に学べるものや、セールステックなど特化したスクールが展開されており、エンジニアとして働きたい人のスキル習得・向上を支援しています。

また、カリキュラム内容だけでは差別化が図れなくなってきたため、ビジネスモデルの工夫も目立ちます。

たとえば、スクールの入学・受講自体は完全無料で受けられ、卒業後に就職・転職に成功した場合のみ、給与の一部を支払うという出世払い型モデル(ISA)を採用したサービスもあります。

「TechTrain」は、現役の能力のあるエンジニアに相談できることを最大の特徴としています。

企業ではIT人材が不足していますが、どんな人材でもいいわけではなく、即戦力の人材が必要です。そのため「TechTrain」では、実践的なスキルを数多く持つエンジニアを活用することにより、企業が本当に求めるIT人材を育成しています。

成功できる起業家になるためには、やはり勉強が欠かせません。「冊子版創業手帳」では、成功している起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ITエンジニア TechBowl TechTrain エンジニア キャリア コミュニティ 採用 支援 株式会社 相談 育成 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

介護ワーク・シェアリング・サービス運営の「カイテク」が1億円調達
2020年9月7日、カイテク株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護ワーク・シェアリング・サービス「カイスケ」と、介護業界特化の採用/集客Webツール「バーチャル施設見学…
広告クリエイティブ運用クラウド「リチカ クラウドスタジオ」運営の「リチカ」が8億円調達
2021年9月28日、株式会社リチカは、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 広告クリエイティブ運用クラウド「リチカ クラウドスタジオ」を運営しています。 ネット広告において、戦略的な…
D2C事業開発の「ALPACA」が「Unreact」と共同で飲食店専門のEC化戦略総合パッケージ「NEW DREAM」を立ち上げ
株式会社ALPACAは、株式会社Unreactと共同で、「NEW DREAM」を開始したことを発表しました。 「NEW DREAM」は、飲食店専門のEC化戦略総合パッケージです。 飲食店のこだわりのE…
スキマバイトサービス運営の「タイミー」が「KDDI open innovation fund」から資金調達
2021年8月30日、株式会社タイミーは、KDDI Open Innovation Fund 3号(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)と投資契約書を締結し、KDDI株式会社との業務提携の検討を目的…
店舗クラウドPOSシステムの「スマレジ」と倉庫業務効率化SaaSの「ロジクラ」が連携開始
2020年10月15日、株式会社ロジクラは、株式会社スマレジと連携することを発表しました。 ロジクラは、入荷から在庫管理、受注オーダーの自動取り込みから出荷までの全ての物流オペレーションを一括管理する…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ