注目のスタートアップ

音楽ライブ体験を最大化するアプリ「OTOAKA」運営の「ウォールオブデス」が資金調達

company

2022年1月25日、株式会社ウォールオブデスは、資金調達を実施したことを発表しました。

また、提供する「OTOAKA」において新機能「snack」をリリースしたことも併せて発表しました。

ウォールオブデスは、ライブ体験を最大化するiOSアプリ「OTOAKA」を提供しています。

アーティストのライブへの参加を記録・共有し、友達などとライブ予定や音楽性を共有することができるサービスです。

今回リリースした「snack」は、投げ銭をすることで、そのアーティストが好きな理由、もっとも好きな曲、ライブの特徴などを宣伝することができる機能です。

また「snack」が直接ライブ体験になるようなイベントも順次実施していきます。

イベントとしては、リクエストされた曲の演奏動画の投稿、ツアー場所のリクエストなどがあります。

ライブ・エンターテインメント市場は、消費の価値観が“体験”へとシフトしたことにあわせて拡大を続けてきました。

2019年には約6,300億円の市場規模となり、今後の成長が予測されていましたが、新型コロナウイルス感染症の流行により大きな打撃を受けました。

リアルでのイベントが開催できなくなりましたが、VRなどを活用したオンラインライブやYouTubeでの配信など新たな取り組みも増えています。

一方、CDの売れない時代においてライブイベントはアーティストにとって重要な収入源のひとつです。

直接のライブ収入だけでなくグッズの販売なども大きなものであるため、リアルイベントの開催は重要なものでした。

コロナ禍によってこのビジネスモデルが持続可能でないことがあらわになり、音楽業界では新たなモデルの構築が模索されています。

そのひとつとして、ファンとの関係性をさらに強固にすることが挙げられます。

アーティストの熱狂的なファンは、多くの場合自ら宣伝を行ってくれます。

またアーティストが活動を休止してしまうと、もう新たな音楽を聞けなくなるため、その活動を支援してくれるでしょう。

今回「OTOAKA」に実装された新機能「snack」は、このファンとアーティストの関係性を構築し、ファンには新たなライブ体験を、アーティストには新たな収入源を提供することを目的としています。

企業においてもこういったファンコミュニティの運営が進んでいます。。「冊子版創業手帳」では、創業期のネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ OTOAKA snack アーティスト アプリ ウォールオブデス エンターテインメント ライブ 共有 投げ銭 株式会社 記録 資金調達 音楽
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データによる都市開発の最適化を目指す「scheme verge」が2.2億円調達
2021年9月10日、scheme verge株式会社は、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 データによる都市開発の最適化を目指しています。 また、余暇・観光体験プラット…
「凸版印刷」が法人向けの電子絵本・児童書配信サービス「えほんほーだい」をリリース
2020年6月30日、凸版印刷株式会社は、「えほんほーだい」の提供を2020年6月から開始したことを発表しました。 「えほんほーだい」は、法人・企業が運営する店舗や施設のWi-Fi経由で電子絵本・児童…
「WARC」提供の経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」が業務委託マッチングを開始
2020年12月22日、株式会社WARCは、「SYNCA」において、フリーランス・副業のプロフェッショナル人材と業務委託マッチングを行うための登録を開始したことを発表しました。 「SYNCA」は、経営…
「第1回 Japan マーケティング Week【関西】」9月9日(水)からインテックス大阪で新規開催
リード エグジビション ジャパン株式会社が主催する、「第1回 Japan マーケティング Week【関西】」が2020年9月9日(水)~11日(金)の3日間、インテックス大阪で開催されます。   関西…
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が資金調達
2020年6月30日、APB株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、豊田通商株式会社です。 以前の資金調達は2020年3月4日で、総額約80億円を調達しています。 APBは、次世…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ