注目のスタートアップ

スマート見守りプラットフォーム開発・提供の「otta」が資金調達

company

2021年12月10日、株式会社ottaは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、本田圭佑氏が率いるKSK Angel Fund LLCです。

スマート見守りプラットフォームを開発・運営しています。

専用のIoT端末を見守りたい人に持たせることで、位置情報などを取得し見守ることができるサービスです。

見守りサービスには、GPSを利用した「GPS見守りサービス」と、見守りスポット・アプリをインストールした見守り人・見守りタクシーの近くに端末が通過したときに位置が記録される「BLE見守りサービス」があります。

見守り端末には、ホイッスル型「otta.w」、反射シールのついたキーホルダー型「otta.s」、ブザー型「otta.g」があります。

ブザー型「otta.g」にはマイクがついており、専用アプリとボイスメッセージのやり取りを行うことができます。

小学生になった子供は、親の目を離れて行動することも多くなります。

共働き世帯も増加しているため、子供をひとりで留守番させることも多く、また何時に帰ってきたのかといったことを把握することも難しくなっています。

そこでニーズが高まっているのが、IoTを活用した防犯サービスです。

特に位置情報の把握は親にとって関心のあることであるため、GPSを搭載した端末とその防犯/見守りサービスがいくつか登場しています。

GPSの利用自体には料金はかかりませんが、位置情報をやり取りするためにはインターネットへの接続が必要であるため、防犯端末はモバイル回線やIoT回線を利用します。

そのためottaは、GPSを利用せずに位置情報を取得するアイデアを考えました。

それが、Bluetoothを活用した「BLE見守りサービス」です。

Bluetoothは通信範囲は短いものの、低消費電力であり通信にも料金がかからないことがメリットです。

「BLE見守りサービス」は、善意(ポイントといったインセンティブは存在する)でアプリをインストールしたスマートフォンや見守りスポットと、子供に持たせた端末とでBluetooth通信を行うことで位置情報を把握するという仕組みです。

この仕組みだと低コスト化を実現できるため、見守りサービスとして大きくシェアを伸ばす可能性があります。

ユニークなプロダクトの開発には、自社の強み・弱み、市場の分析が必要となります。「冊子版創業手帳」では、自社・市場の分析のためのフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GPS otta スマート プラットフォーム 位置情報 株式会社 見守り 資金調達 防犯
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラム「Blockbuster TOKYO」 ビジネスプラン発表会が3/3に開催
2021年2月2日、Beyond Next Ventures株式会社は、「Blockbuster TOKYO」選抜プログラム参加チームによるビジネスプラン発表会を2021年3月3日に開催することを発表…
スマホでできる仮想試着サービス開発の「Sally127」が資金調達
2019年10月25日、株式会社Sally127は、資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォンからできる仮想試着サービスを開発しています。 現実の試着と同じく、着用感リアリティのある仮想試…
AIシステムのトータル開発を手掛ける「Archaic」とICTサービス・プロバイダーの「ファンリード」が業務提携
2020年10月13日、株式会社Archaicは、株式会社ファンリードと、2020年10月1日に業務提携したことを発表しました。 Archaicは、AIシステムのトータル開発や、様々な領域へのAI応用…
クラウド型オンライン・マンション・ギャラリー「ROOV」提供の「スタイルポート」が資金調達
2020年4月28日、株式会社スタイルポートは、資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型オンライン・マンション・ギャラリー「ROOV」を提供しています。 アプリのダウンロードや、アカウントの…
ヨガ・メディア運営の「オハナスマイル」がオンライン・ヨガ・クラス検索サイト「ヨガジェネOnline」をリリース
2020年6月25日、株式会社オハナスマイルは、「ヨガジェネOnline」をリリースしたことを発表しました。 「ヨガジェネOnline」は、オンライン・ヨガ・レッスンを集約して検索するシステムです。 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ