訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare」運営の「クラウドケア」が1.1億円調達

company

2021年11月3日、株式会社クラウドケアは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare(クラウドケア)」を運営しています。

介護保険では対応できない病院内の付き添いや見守り介助などの自費の訪問介護サービスとしても利用できるサービスです。

掃除・洗濯・ゴミ出し・買い物代行といった家事の仕事があるため、無資格の者でもスタッフとして登録することができます。

また、訪問介護サービスを提供するヘルパーに対しては、訪問介護スキルを向上させるための独自の研修を行っています。

柔軟なワークスタイルが実現できるため、主婦・育児中などの者であってもヘルパーとして働くことができます。

厚生労働省によると、2018年度の要介護(要支援)認定者数は約658万人存在します。

また同省の「介護分野の現状等について」(平成31年3月18日)という資料では、介護人材の需要は、2020年度末に約216万人、2025年度末には約245万人であると試算されています。

そして2020年度末までに約26万人、2025年度末までに約55万人が不足しており、年間6万人程度の介護人材を確保する必要があるとしています。

介護人材を確保するため、給与や環境などの処遇の改善や、デジタル化による業務効率化、外国人材の受け入れなどの取り組みを行っています。

介護人材では介護資格を持っているのに、出産・子育てなど家庭の事情で働くことのできない人材が大勢いることもわかっており、これらの人材が柔軟に働くことのできる環境を整備することも求められています。

マッチングサービスは、柔軟な働き方を求める介護人材のニーズにも応えることのできるサービスでもあります。

「CrowdCare」では、無資格の者でも行える範囲の介護・支援もサービス内容に含めており、これにより介護資格のある者の専門性を高め、間接的に人材不足を改善することも行っています。

厚生労働省においても、専門性を高めることと同時に人材の裾野の拡大を進めることで多様な人材の参入を促進することが重要であるとしており、介護マッチングサービスでは今後も無資格者といった人材の掘り起こしとそれを活用するサービスの開発が進んでいくと考えられます。

人材不足は介護業界に限らず大きな問題となっています。創業期はフットワークの軽い運営が求められるため、事務作業などはアウトソーシングしても良いかもしれません。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CrowdCare クラウドケア ヘルパー マッチング 介護 株式会社 訪問介護 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

キャンプ場検索サイト「ExCAMP」が遊休地マッチングを開始
forent株式会社は、キャンプ場として利用可能な遊休地の貸出しをしてくれるオーナーの募集を開始したことを発表しました。 forentは、写真で探すキャンプ場検索サイト「ExCAMP」を運営しています…
パーソナル・ジム「REAL WORKOUT」運営の「WORKOUT」が資金調達
2019年12月9日、株式会社WORKOUTは、資金調達を実施したことを発表しました。 パーソナル・ジム「REAL WORKOUT」を運営しています。 2019年12月現在、関東地域を拠点にグループ2…
東海圏でHR関連事業を展開する「東海エイチアール」が400万円調達
2019年10月31日、東海エイチアール株式会社は、総額400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 現在、一部の顧客に向けて、SES(準委託)と業務委託でのHRサービスを提供しています。 また…
独立系VC「ANOBAKA」が戦略子会社「ANOBAKA Human Capital」を設立 出向型留学サービス「CROSS WORK」を開始
2021年7月6日、株式会社ANOBAKAは、戦略子会社である株式会社ANOBAKA Human Capitalを設立し、第1弾サービスとして「CROSS WORK」を開始したことを発表しました。 A…
クラウド受発注プラットフォーム「CONNECT」運営の「ハイドアウトクラブ」が1.2億円調達
2019年11月22日、株式会社ハイドアウトクラブは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食・小売店向けの受発注プラットフォーム「CONNECT」を運営しています。 FA…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ