注目のスタートアップ

2022年4月にeスポーツエンターテインメント施設「RED° TOKYO TOWER」オープン予定の「東京eスポーツゲート」が3億円調達

company

2021年10月27日、東京eスポーツゲート株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

東京タワー直下の東京タワーフットタウンビル(1階/3階/4階/5階)に、eスポーツを軸としたエンターテインメント施設「RED°TOKYO TOWER(レッド トーキョータワー)」の開業を予定しています。

最新ゲームタイトルの体験エリアや、eスポーツの大会・イベントを開催できるアリーナ、配信スタジオ、ショップなどを設置し、日本のeスポーツ/エンターテインメントの拠点となることを目標としています。

グランドオープンは2022年4月を予定しています。5階に設置するメインアリーナ「RED° TOKYO TOWER SKY STADIUM」は、グランドオープンにさきがけ、2022年2月の開業を予定しています。

1階/3階/4階では、様々な世界的なゲームタイトルとのコラボレーションを計画しています。

また、eスポーツと様々なカルチャーをかけ合わせた展開も予定しています。まずは、東京・上野にサウナ×esportsをテーマとした施設を2022年初旬に開業する予定です。

今回の資金は、「RED°TOKYO TOWER」の施設開発やデジタルプラットフォーム構築の基盤整備の開発に充当されます。

ファミ通の発表によると、2020年の国内eスポーツ市場の市場規模は、前年比109%の66.8億円となっています。

また今後も成長し、2024年には約184億円の規模になると予測されています。

eスポーツ市場が成長している理由としては、スマートフォンの普及によるゲームアプリを中心としたゲーマー人口の増加や、eスポーツの認知度の向上、動画プラットフォームの普及などがあります。

eスポーツプレイヤーの育成やeスポーツ関連の人材育成など、eスポーツに向けたコースを開設している専門学校も登場しており、その注目度合いがわかります。

eスポーツは、大会・練習施設の建設や、観戦者の飲食サービスなど他産業への波及も期待されているため、様々な業界がビジネスの可能性を模索しています。

また、5Gの普及によって次世代コンテンツのニーズが高まることも考えられます。eスポーツは5G時代のコンテンツとして大きな可能性を秘めています。

VR・AR・MRなどxR技術、NFT(非代替性トークン)といったブロックチェーン技術など、最新技術を活用する取り組みも増えてくると考えられ、今後の動向に注目が必要です。

他業種との提携や協業は、収益を伸ばすだけでなく、新たなイノベーションにもつながるかもしれません。「冊子版創業手帳」では、人脈の広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eスポーツ RED°TOKYO TOWER イベント エンターテインメント ゲーム レッド トーキョータワー 体験 大会 施設 東京eスポーツゲート 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ソーシャルゲームの「モブキャスト」が新株予約権を発行 19億円調達へ
平成29年9月20日、株式会社モブキャストは、第27回新株予約権と第28回新株予約権(行使条件付)を発行することを発表しました。 割当先は、大和証券です。 第27回新株予約権、第28回新株予約権ともに…
「バカン」のアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」が青森県の「ホテルグランメール山海荘」に導入
2020年12月1日、株式会社バカンは、株式会社杉澤興業の「ホテルグランメール山海荘」において、「VACAN(バカン)」を提供開始することを発表しました。 「VACAN」は、施設や店舗のリアルタイムの…
ストレッチ素材スーツなどのD2Cブランド展開の「kay me」がそごう横浜店・ジェイアール京都伊勢丹など大手百貨店内に新規出店へ
2020年10月1日、kay me株式会社は、2020年10月1日にそごう横浜店(神奈川県)、10月31日にジェイアール京都伊勢丹(京都府)、年内ほか数店舗、大手百貨店内に新規出店することを発表しまし…
ホーム・オートメーション・サービス展開の「Connected Design」が4億円調達
Connected Design株式会社は、4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 東急電鉄のジョイント・ベンチャーとして、ホーム・オートメーションなど、個人向けIoTサービス用ハードウェア・…
リアルイベント連動型ドラフト会議アプリ運営の「なんでもドラフト」が1.7億円調達
2021年6月28日、株式会社なんでもドラフトは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リアルイベント連動型ドラフト会議アプリ「なんでもドラフト」を運営しています。 スポーツ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ