注目のスタートアップ

eスポーツの大会開催支援ツール「e-players」提供の「Papillon」が1,000万円調達

company

2021年10月20日、株式会社Papillonは、総額1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

eスポーツの大会開催支援ツール「e-players」を開発・提供しています。

スマートフォンひとつで、eスポーツ大会の運営における、トーナメントの作成・更新や、進行記録、参加者への通知などを行うことができるアプリです。

大会名・開催日時・ゲーム名・募集人数を入力するだけで、小規模から大規模な大会まで開催することができます。

今回の資金は、「e-players」の開発と実証実験に充当されます。

KADOKAWAの発表によると、2019年の国内eスポーツ市場の市場規模は前年比127%の61.2億円となりました。

今後も順調に成長を続け、世界のeスポーツ市場は2020年から2023年の予測期間中に17.72%のCAGR(年平均成長率)で成長すると推定されています。

eスポーツビジネスは、野球やサッカーなどのスポーツビジネスと同様に、試合・大会の開催が軸となっています。

しかし現在、eスポーツの大会の開催・運営にはまだノウハウがないことが多く、手探りで運営をしているところもあります。

その場合、エクセルや簡単なトーナメント表、チャットツールが利用されており、その非効率さから大会の運営の負担が大きくなっています。

このことから、eスポーツ領域では大会運営を支援するサービスがつぎつぎと立ち上がっています。

eスポーツでは、アマチュアのプレイヤーが大会を開催するといった事例も多いため、大会運営支援サービスはコミュニティとしての側面を帯びてくることもあります。

単なる支援ツールとしてだけでなく、様々な方向のアプローチもあるため、おもしろい領域となりそうです。

このようなプラットフォームビジネスは、利用者やコンテンツの拡充がビジネスの成長に直結するため、営業が重要となってきます。「冊子版創業手帳」では、リソースが足りない創業期において、営業を支援してくれるツールの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eスポーツ Papillon ツール 大会 支援 株式会社 資金調達 運営 開催
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コーヒーのサブスクリプションサービス運営の「POST COFFEE」が1.5億円調達
2021年7月13日、POST COFFEE株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コーヒー豆をポストに届けるサブスクリプションサービス「PostCoffee」を運…
スポーツ・ウェルネスD2Cの「TENTIAL」が資金調達
2020年7月1日、株式会社TENTIALは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社アカツキや、プロ・テニス・プレイヤーの西岡良仁選手などです。 スポーツ・メディア「SPOSHIR…
東京アート・シーンを伝える「アートビート」がアート×ブロックチェーンの「スタートバーン」のグループ会社に
スタートバーン株式会社は、株式会社アートビートをグループに迎えたことを発表しました。 スタートバーンは、ブロックチェーン技術を活用し、アート作品の証明書や来歴管理など、流通を支えるインフラの構築を行っ…
お買い物支援コンシェルジュの「スマートショッピング」が3億円調達
2019年9月3日、株式会社スマートショッピングは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 お買い物支援コンシェルジュ・サービス「スマートショッピング」や、在庫管理・発注自動化IoTソリ…
「H.I.S. Impact Finance」が「あおぞら銀行」と上限50億円の融資コミットメント契約を締結
2020年1月7日、​H.I.S. Impact Finance株式会社は、株式会社あおぞら銀行と、50億円を上限とする融資コミットメントライン契約を締結したことを発表しました。 H.I.S. Imp…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ