「ハウスコム」が入居者とオーナーの双方を一括でサポートする「ハウスコム スマート管理」をスタート

2020年7月7日、ハウスコム株式会社は、「ハウスコム スマート管理」の提供を開始したことを発表しました。

「ハウスコム スマート管理」は、入居者(賃借人)とオーナー(賃貸人)の双方を一括でサポートするサービスです。

入居者には、保証人不要(指定保証会社)、24時間コールセンター、緊急駆けつけサービスを月額550円(税込)で提供します。

オーナーには、滞納保証、原状回復費用保証、孤独死保険、早期解約違反の違約金等保証、送金明細送付、原状回復工事手配などを月額1,100円(税込)で提供します。

賃貸住宅では、オーナーの高齢化が進んでおり、また近年急増している空き家の半数以上を占めていることから、オーナーによる自主的な管理が難しくなるケースが今後さらに増加すると考えられています。

そのため、賃貸住宅管理業者への需要は高くなっていくとみられていますが、管理業者とオーナー、管理業者と入居者との間のトラブルが多く発生している現状があります。なので、明解かつ低コストなサービスは需要を獲得していくと予測されます。

起業にはオフィスがつきものです。しかし初めての起業の場合、どのようなオフィスを契約するばよいのかわからないでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期におすすめのオフィスの形態や、オフィスの選び方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ サポート ハウスコム ハウスコム スマート管理 不動産 株式会社 管理 賃貸

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ