レア・メタルを使用しない次世代電池用高性能触媒開発の「AZUL Energy」が6,000万円調達

2020年3月30日、AZUL Energy株式会社は、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

次世代バッテリーとして期待される金属空気電池や、燃料電池に不可欠な高活性の非白金系酸素還元反応触媒電極材料である「AZUL触媒」の実用化を目指す東北大学発スタートアップです。

従来は、高活性の酸素還元反応用の触媒として、白金(プラチナ)など貴金属触媒が用いられていました。

「AZUL触媒」は貴金属や有害な重金属を全く使用しないため、低コスト化と高い安全性を実現できます。

今回の資金は、「AZUL触媒」の量産化技術の研究開発や、設備投資に充当されます。

現在、レア・メタルは、産業において非常に重要な役割を担っています。

しかしレア・メタルには、資源であるため、資源の地域的偏在などの供給におけるリスクや、資源の希少性や枯渇などのリスクがあります。

白金(プラチナ)は、エネルギー技術関連だけでも、今後使用量が多くなってくることが予想されています。

研究開発系のビジネスでは、資金の量が成長に直結してきます。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資してもらうためのノウハウや、クラウドファンディングの使い方など、創業期の資金調達について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AZUL Energy AZUL触媒 バッテリー 株式会社 次世代 燃料電池 研究開発 触媒 資金調達 開発 電池

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集