データ生成現場にてAI処理し活用するエッジAI事業の「EDGEMATRIX」が9億円調達

2019年8月29日、EDGEMATRIX株式会社は、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また引受先である、株式会社NTTドコモ、清水建設株式会社、日本郵政キャピタル株式会社とは、協業することで合意したことも発表しました。

EDGEMATRIXは、米国Cloudian Holdings Inc.、日本法人クラウディアン株式会社からスピンオフし、AI事業を展開しています。

高精細映像などの大量データを現場(エッジ)でリアルタイムにAI処理するためのデバイス「Edge AI Box」や、エッジAIの統合管理・収益化プラットフォーム、ソリューションを提供しています。

株式会社EDGEMATRIX 太田洋代表のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社EDGEMATRIX 共同創業者兼代表取締役社長 太田洋氏よりコメントが届きました!

太田 洋EDGEMATRIX株式会社 共同創業者兼代表取締役 社長

元クラウディアン株式会社代表取締役社長兼共同創立者。Edge AI BOXを開発。Jフォン/ボーダフォン・ジャパン在籍時には、世界初の写真付きメールサービス「写メール」や、世界初のロケーションベースドサービスである「J-Skyステーション」および「J-ナビ・サービス」を開発するなど、モバイル業界にいくつもの「業界初」を導入してきた。

ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

太田:ビッグデータ用のストレージ製品を開発提供するクラウディアンからスピンオフした企業です。ビッグデータの使い方としてAIの実証実験をするなかで、次のことに気が付きました。

①AIで映像の識別精度を上げるためには4kのような高精細映像が必要(高精細のカメラが主流になる)
②クラウド側のAIでこれらの高精細映像を処理するためには通信ネットワークで送信する必要がある
③これらの高精細映像は大容量データであり、ネットワークやクラウドに集まると利用者の利便性が落ちる
④この課題はデータ生成現場(エッジ)でAI処理することで解決できる
⑤エッジでAI処理するためには小型装置で遠隔管理が必要であり、その装置上で稼働するAIアプリケーションを簡単に設定、運用、管理できることが必要

そこでエッジAIを実用化するため、エッジAIデバイス、エッジAIプラットフォーム、エッジAIソリューションの3事業を提供することにしました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

太田:今回の資金調達は、ドコモ、清水建設という事業会社、日本郵政キャピタルというCVCの3社から直接資金調達を行い、それぞれと事業で協業します。そのため、我々と一緒にビジネスをするAIのアプリケーション開発会社などのパートナー達にとって新たな事業機会になると大きく期待いただいています。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

太田:今後は、エッジAIを実現するアプリケーションを簡単に開発できるためのツール類であるSDK(Software Development Kit)を提供することで、エッジAIのアプリケーション数を増やし、市場を早期に立ち上げ、拡大したいです。また、エッジAIプラットフォームが5Gの主力サービスになるようにしていきたいです

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Cloudian EDGEMATRIX NTTドコモ エッジAI 協業 日本郵政 株式会社 清水建設 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

メンズ・スキン・ケア・ブランド「BULK HOMME」展開の「バルクオム」が15億円調達
2020年9月11日、株式会社バルクオムは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メンズ・スキン・ケア・ブランド「BULK HOMME」を展開しています。 全国1,000店舗以上の小…
「メルカリ」が「鹿島アントラーズ」の経営権を16億円で獲得
株式会社メルカリと日本製鉄株式会社は、日本製鉄およびその子会社が保有する株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーの発行済株式72.5%のうち61.6%をメルカリに譲渡する株式譲渡契約を締結したことを発表し…
クラウド型RPA「Robotic Crowd」提供の「チュートリアル」が5.52億円調達
2020年5月13日、株式会社チュートリアルは、総額5億5,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型RPA「Robotic Crowd」を提供しています。 APIが提供されていな…
ホテルの適正価格を提示するAIプラットフォームの「空」が資金調達
2019年9月4日、株式会社空は、資金調達を実施したことを発表しました。 ホテルの料金設定を効率化する「MagicPrice」と、無料のホテル経営診断ツール「ホテル番付」を運営しています。 「Magi…
クラウド型タクシー配車システム提供の「電脳交通」が2.2億円調達
2020年1月31日、株式会社電脳交通は、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型タクシー配車システムを開発・提供しています。 また、地域交通の課題解決への取組みの…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ