カスタマー・データ・プラットフォーム「Databeat」の開発元が4,000万円調達

2019年3月13日、アジト株式会社は、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

カスタマー・データ・プラットフォーム「Databeat」を開発しています。

データ・ドリブン・マーケティングの実現に向けて課題であった、データ抽出・更新・集計・可視化を自動化するサービスです。

今回の資金は、開発体制の強化を行い、製品版のローンチと機能改善・利用者拡大にむけた施策を実行するために充当されます。

アジト株式会社 代表取締役 林 康頼氏のコメント

今回のニュースについて、アジト株式会社 代表取締役 林 康頼氏より、コメントが届きました!

ー起業の経緯について教えてください。

:私は約14年間オプトグループに所属しており、新規事業開発、グループ会社の役員、新会社の立ち上げ、BtoC事業など様々なことに挑戦させてもらいました。

その中で、自分たちでサービスをつくりたいという想いと、一緒に歩んでくれる素敵なチームに恵まれたので、起業という道を選びました。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

:資金調達の目的は、「開発体制の強化を行い、製品版のローンチと機能改善・利用者拡大にむけた施策を実行」となります。
具外的には、様々なデータソースから必要なデータを自動で収集、一元管理する「Data Connect(データコネクト)」と、収集・蓄積したマーケティングデータを、BIツールやGoogle Data Portal、Google Sheetsなどお好みのツールで出力することができる「Data Feed(データフィード)」の拡張となります。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

:おかげさまで、製品のお問い合わせやデモの依頼をいただいております。

ー今後の展開について、教えてください。

:現在β版でのご提供となりますので、いち早く製品版までアップデートしていきたいと考えております。

カテゴリ 有望企業
関連タグ システム開発関連のニュース 課題調査関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)