歩行リハビリ支援ツール開発の「リーフ」が2.8億円調達!

company

リーフ株式会社は、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

歩行リハビリ支援ツール「Tree」を開発しています。

持つだけで歩行訓練を簡単に開始できるリハビリ・ロボットです。

平成28年から、国内の病院施設で臨床研究を開始し、国内の学会において多数の研究発表を行っています。

現在開発中の量産化モデルは、2019年6月に開催される第56回日本リハビリテーション医学会学術集会、国際リハビリテーション医学会での展示を予定しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 医療 研究開発型ベンチャー

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

プラスチック代替の新素材「LIMEX」を開発する「TBM」が15.5億円調達
2019年3月5日、株式会社TBMは、総額15億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 プラスチックの代替となる、石灰石を主原料とした新素材「LIMEX」を開発・製造・販売しています。…
大型ドローン向けハイブリッド・エンジン開発の「エアロディベロップジャパン」が資金調達
IDATEN Venturesは、エアロディベロップジャパン株式会社に出資をしたことを発表しました。 エアロディベロップジャパンは、今回と合わせてこれまで合計5,000万円の資金調達を実施しています。…
心疾患による突然死を防ぐ超聴診器を開発する「AMI」が4.9億円調達
2020年4月10日、AMI株式会社は、総額4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 疾患に繋がる心雑音のみを自動的に検出することを可能とした聴診器「超聴診器(心疾患診断アシスト機能…
パートナーロボット「unibo」開発の「ユニロボット」が資金調達
平成30年5月24日、ユニロボット株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Nikon-SBI Innovation Fundと、みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合です。 ユ…
皮膚科学研究とスキンケア・アイテム提供の「ナノエッグ」が2.2億円調達
2019年10月16日、株式会社ナノエッグは、2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、香港を拠点に活動する李嘉誠氏傘下の投資会社Horizons Venturesです。 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ