インターネットを活用した女性起業家支援が続々

woman

インターネットを活用した女性起業家支援サービスが増えてきています。

政府が「1億総活躍社会」の実現のため、女性起業家支援を掲げていることも後押しとなっています。

アドバイザー仲介事業の「ビザスク」は、女性起業家である端羽英子氏が立ち上げた会社です。

端羽英子氏は、女性は子育てや介護と経営の両立を目指さなくてはならないこともあり、経験者に相談することは重要だ、といいます。

女性起業家の数は男性に比べまだ少ないものとなっています。また年代別では35〜39歳の子育て期が多くなっています。

クラウドファンディングの「READYFOR」により実施されたプロジェクト約5,000件の半数は女性によるものとなっています。

「READYFOR」は女性起業家向けの専用サイトを作成し、女性起業家を後押ししています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 女性対象
詳細はこちら

女性のアイデア生かせ ネットで女性起業家支援 経営相談や資金調達も

関連記事はこちら

【第一回】端羽英子社長「ボストン子連れ留学からの起業」資金調達ここだけのハナシ

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

女性対象の創業手帳ニュース

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ