平成28年度税制改正(中小企業・小規模事業者関係)

平成27年12月17日(木)、中小企業庁は、平成28年度税制改正(中小企業・小規模事業者関係)の概要を発表しました。

主な改正内容は以下です。

「新たな機械装置の投資に係る固定資産税の特例の創設」

「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例の延長

「中小法人の交際費課税の特例の延長」

「法人実効税率の引下げ」

「取引相場のない株式の評価方式に関する見直しの検討」

「個人事業者の事業用資産に係る事業承継時の負担軽減措置の創設等の検討」

「産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の認定自治体における軽減措置の拡充及び延長」

「地方を訪れる外国人旅行者向け消費税免税制度の拡充」

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 制度改正

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

制度改正のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集