【速報】創業手帳代表 大久保が東京理事に就任!WAOJE Tokyo Summit

創業手帳

創業手帳編集部がその様子をお届けします

(2019/04/22更新)

海外を拠点に活動する日本人起業家のネットワークである「WAOJE」の総会「WAOJE Tokyo Summit」が4月22日に東京都中央区にある「ザ・マグナス東京」で開催されました。
国内外から多くの起業家が駆けつけた本イベントでは、創業手帳の代表である大久保が東京理事に就任することが発表されました。
その他、海外で活躍する起業家を招いた基調講演やパネルディスカッションなど、盛りだくさんの内容を創業手帳編集部がお届けします。

本文を読む

WAOJEとは

「WAOJE」とは、海外を拠点とする日本人起業家のネットワークです。
世界各国で現地の方々を相手にビジネスをしている日本人起業家が、都市や国を越えてつながることで有意義な出会いや新たなビジネスチャンスを生み出すことを目的としています。

現在、世界中に活動拠点を増やしており、日本にとって重要なビジネスインフラとなると考えられている「WAOJE」。その理事を務めるのは国内だけでなく海外でも活躍が目覚ましい起業家たちです。
今回のイベントでは、そうそうたる顔ぶれの理事に加えて、新しく3名の東京理事が加わりました。その一人が、創業手帳 代表の大久保です。
WAOJEの東京理事として、起業家のために国内外飛び回ります!

注目のプログラムをご紹介

ここからは、創業手帳が注目したプログラムをご紹介します!

株式会社アイスタイル CEO 吉松 徹郎氏の基調講演

今回のイベントは、基調講演とパネルディスカッションの2部構成。
基調講演では、株式会社アイスタイル 代表取締役社長 兼 CEOの吉松 徹郎氏が登壇しました。

株式会社アイスタイルは1999年に創業した企業。国内外3万以上のブランド、30万点以上ものコスメの商品データベースと、クチコミ検索機能や新商品情報などを備えた日本最大のコスメ・美容の総合サイト「@cosme」を展開しています。
会員数・クチコミ件数・ページビュー数ともに伸び続け、累計クチコミ数は1,400万件を突破しています。

アイスタイルは、創業以来「Beauty × ITで世界No.1企業へ」をミッションに掲げており、海外展開も積極的に行なっています。
今回の基調講演では、事業概要の他にも海外展開に踏み切った理由についても語っていました。

吉松「海外でも扱うことができるプロダクトは、3つあります。「酒」、「タバコ」、そして「化粧品」です。海外に展開するにあたり、化粧品は親和性が高いプロダクトのひとつなのです。」

海外展開する上でうまくいったこと、難しかったこと

また、海外展開するにあたり比較的うまくいった点と難しかった点について、今までを振り返ってこのように語っていました。

吉松:「実際に海外展開するにあたり、比較的うまくいった点は3つありました。
・現地化に徹底的に取り組んだこと。
海外展開するに当たっても、現地の文化に対してできるだけ理解をしておかないといけません。そうすることによって、現地での業績アップにつなげることができます。

・経営のある程度一切を現地経営者に任せること。
現地の人間で「この人は自分自身で決断ができるな」と感じたら、その人に現場での判断を任せるようにしています。

・現地企業を立てるビジネスモデルに注視すること。
M&Aした現地企業のメンツを潰さないことを念頭に置いて、丁寧にビジネスを進めていくことはできたと思います。

ですが、難しい点も3つあります。

・現地のマネジメント・人材管理
現在は、海外のメンバーだけで350名ほど在籍しています。どうしても、現地のマネジメントは現地の人間に依存してしまうことが多いです。

・言語の壁
英語よりも中国語の方が話せる人が多い場合があるなど、どんな言語でコミュニケーションを取ればいいのか、に悩むことがあります。

・社内の人事アセット
海外で人材採用をする場合に、「この人はこういう価値があって、こういう風に伸ばしてあげたい」ということを決めることが大変です。」

今後の展開

基調講演の最後に、吉松氏は今後の展開についてこのように語っていました。

吉松:「私たちは、「MARKET DESIGN COMPANY」。つまり、マーケット(市場)そのものをデザインする企業です。生活者はもちろん、私たちの事業に関わるすべてのステークホルダー(利害関係者)と好循環を生み出しながら、ブレることなくこのビジョンの実現に向けて、これからもチャレンジし続けていきます。

具体的には、①商品を軸にユーザーとブランドが繋がることができ、②商品購入者と「@cosme」を通じて繋がることができ、③ECに加えて、店舗でのお客様と繋がることができるプラットフォームの作成。つまり「顧客データの共有化」です。実現できたら、ネットとリアルのお客様において、最適な判断ができるようになります。これを目指します。」

注目の海外展開企業3社によるパネルディスカッション

パネルディスカッションでは、株式会社ネオキャリア代表取締役 西澤 亮一氏、株式会社モンスター・ラボ代表取締役 CEO 鮄川 宏樹氏、AnyMind Group CEO 十河 宏輔氏が登壇しました。

司会を勤めた西澤氏が気になっていたのは、モンスター・ラボとAnyMind Groupの成長スピード。
短期間で成長することができた理由を、鮄川氏と十河氏はこのように語っていました。

鮄川:「私たちがメインとしているマーケットが大きくなっていたことが、まず要因としてあります。それに加えて、現地企業を綿密に調査して、現地の核となりそうな企業とM&Aしていきました。成長意欲があって、こちらがガイドをすれば伸びていくのではないか?と感じる企業と一緒にやっていこうと考えたのです。」

十河:自分たちのビジネスを早いスピードで一気に展開できたことが大きいです。そういうチームを作るために、とにかく自分自身が実行して背中で語るようなスタイルで現地の人たちをマネジメントしていきました。」

海外展開ならではのお話かも思いきや、国内でビジネスする上でも大切な要素とも言えるかもしれませんね。

WAOJE Tokyo Global Business Award授賞式

総会の最後には、東京に本拠地を置く企業の中で、国内外で目覚ましい成長を遂げている企業を表彰する「WAOJE Tokyo Global Business Award」の授賞式が行われました。
ノミネート企業は以下の通りです。

  • 株式会社I-ne
  • 株式会社アイスタイル
  • 株式会社ispace
  • AnyMindGroup
  • Omise Japan株式会社
  • 株式会社テラモーターズ
  • 株式会社ファインドスター
  • 株式会社モンスター・ラボ
  • 株式会社Preferred Networks
  • 株式会社Liquid

その中で、見事最優秀賞を勝ち取ったには、株式会社アイスタイルでした!
「Beauty × ITで世界No.1企業へ」を目指すアイスタイルが、国内外でどのように事業を展開していくのか。注目です!

WAOJE Tokyo Summit 概要

日時:2019年4月22日(月) 18:00~22:00
会場:「ザ・マグナス東京」 東京都中央区銀座7丁目8-10フクハラギンザビル9F

関連記事
カンボジアのジャングルに街ができる!?キリロム工科大学学長 猪塚武が創るスマートシティ
IT業界で成功後、カンボジアで学費無料の大学を設立!猪塚武の国境を超える発想法

(編集:創業手帳編集部)

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す

創業手帳冊子版(無料)