【TechCrunch Tokyo 2018 1日目レポ】フリマアプリの革命児「メルカリ」が目指す道

創業手帳

創業手帳が現地取材しました

(2018/11/15更新)

国内外のスタートアップ・重要企業が多数登壇する大型テックイベント「TechCrunch Tokyo 2018」。その初日が、11月15日に開催されました。今回で8回目の迎える本イベント、日本のみならず、世界中のビジネスの動向が見えることで注目を集めています。
本日は初日の様子を、創業手帳編集部が注目したスピーチとともにお届けします。

本文を読む

TechCrunh Tokyoとは

「TechCrunch Tokyo」とは、スタートアップ企業の紹介や新サービスのレビューを掲載するサイト「TechCrunch Japan」が開催する日本最大級のスタートアップの祭典です。今年は11月15日(木)、16日(金)に渋谷ヒカリエで開催され、最新テクノロジー、新進気鋭のスタートアップが集結し、毎年2000名以上の参加者が来場します。

国内・海外の著名人を迎えて行う「キーノート・セッション」、より小規模なトークセッションを中心とする「TC Lounge」、創業3年未満のスタートアップの展示が多数集う「スタートアップデモブース」、そして今年最も輝いているスタートアップを選ぶピッチコンテスト「スタートアップバトル」が行われ、スタートアップ注目のイベントとなっています。

会場の様子を少しだけご紹介!

イベントは朝9時からスタート!プログラムが進んでいくと、会場は超満員に。
後ろの方を見渡すと、立ち見の方までいるくらいの盛況ぶりでした。

メルカリCOO 小泉文明氏が登壇

ここで、創業手帳編集部が注目したプログラムをご紹介します。

2018年6月19日に上場したフリマアプリ・サービスの革命児、株式会社メルカリ。TV・CMなどでもおなじみの方は多いと思います。
TechCrunch Tokyo 2018では、取締役社長/COOである小泉 文明氏が登壇。
メルカリが目指すこれからについて、熱い思いを語りました。

アメリカ展開の難しさ

日本だけでなく、アメリカへの進出も果たしているメルカリ。「アメリカでシェアを広げられるかどうかで今後の戦略は大きく変わる」と、小泉氏はアメリカでの事業展開の重要さを語りました。

「もちろん、アメリカでの事業展開は難しいです。日本と違ってテレビCMを打ってもなかなか反応しない。アメリカでシェアを広げていくためには、UIの改善などを含めて認知のために動くことが重要です。

「3つのバリュー」を元に集まったグローバルなスタッフ

アメリカ展開をしているメルカリには、なんと30カ国以上の国と地域のスタッフが働いているとのこと。人材採用の基準についても触れられました。

Go Bold:大胆にやろう。All for One:全ては成功のために。Be Professional:プロフェッショナルであれ。この”3つのバリュー”を元に人材を集めています。先日、ワルシャワでハッカソンをやったのですが、世界各地でハッカソンをすることによって、その国や地域の性質が見えてきます。グローバルに人材を採用していっても、社内で受け入れることができる文化が整っているのも特長ですね。」と小泉氏は語っていました。

ペイメント事業「メルペイ」後発事業の勝算は?

2017年にメルカリの金融部門として設立された企業「メルペイ」。
競合他社のペイメントサービスと比べて、メルカリがこの事業に進出したのは遅いように見えます。利用者にどのような価値を提供してくれるのでしょうか?

メルペイの強みはその使い勝手の良さです。メルカリでものを売却した人は、登録されているアカウントにお金が振り込まれます。通常なら銀行からお金を引き出して買い物をする、という流れですが、メルペイを使えば銀行からお金を下ろす手間がなく買い物ができます。このように、メルカリと連携して他社にはない使い勝手の良さを実現していきます。」と、小泉氏はその展望をしっかりと見ていました。

短期的な黒字化は考えていない

最後の質問が「アメリカの事業について、黒字化の時期はいつぐらいを考えていますか?」という直球な質問。これに対して小泉氏はこのように回答していました。

「短期的な黒字化は考えていません。日本でやっている事業を全てやめたら黒字化できるかもしれないが、それでは面白くありません。メルカリとメルペイ、または新しいプロダクトを作って新しい文化をつくれたらいいなと思っています。短期的な利益追求はしていません。」

新しい文化をつくる。メルカリはこれからどのような事業を作り出していくのか。今後に注目です。

TechCrunch Tokyo 2018 概要

日時:平成30年11月15日、16日
会場:渋谷ヒカリエ ヒカリエホール 東京都渋谷区渋谷2-21-1 9F
URL:https://jp.techcrunch.com/event-info/techcrunch-tokyo-2018/

(執筆:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す