運転資金とは

運転資金とは、企業が事業活動を行う際使用する、商品の仕入れ・経費の支払い・買掛金や支払手形の決済などの業務で必要な資金を指す。
仕入れ・生産・販売の事業活動の中で「仕入れ代金」の決済より先に「売上代金」を現金で回収できれば「仕入れ決済」に要する資金は不足しない。一般的には「売上代金」の回収より先に「仕入れ代金」の決済が到来することより、常に一定の原材料や製品を在庫として所有しておかなければならない事業の企業においては売上代金の回収前に所有するための必要な資金が不足する。この資金不足を補う資金のことを「運転資金」という。これらは自己資金や、銀行などからの借り入れで賄う必要がある。
また、運転資金の中で事業拡大に必要となる資金を「増加運転資金」、季節による支払いに必要となる資金を「季節資金」と呼ぶ。

読んで頂きありがとうございます。
より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

「運転資金」に関連する記事一覧

創業融資freeeを利用して資金調達の成功率を高めよう

希望額の資金調達は創業融資freeeを利用して成功しました (2019/08/16更新) 創業期はなにかとお金が必要。創業期の経営者の悩み事を聞くと、資金調達と...続きを読む

SPONSORED

国内最大級の学生団体から、学生起業家へ 晒名駿が掲げる新たなキャリアプランとは

HUNT BUNK代表の晒名駿氏にこれまでの経験と起業に至った理由を聞きました (2019/08/07更新) 明治大学の現役学生でありながら、学生と経営者のマッ...続きを読む

SPONSORED

運転資金関連のピックアップニュース

運転資金関連のQ&A

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ