小規模企業共済とは

小規模企業共済とは小規模企業共済法に基づき独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しており、個人事業を廃業した時、会社等の役員を退職した時等の生活資金等をあらかじめ積み立てておくための共済制度である。

この制度は昭和40年に発足し最新の現況データである平成26年3月時点では、約157.6万件の在籍件数となっている。

加入資格は、常時使用する従業員が20人(商業とサービス業では5人)以下の個人事業主やその経営に関係する共同経営者、会社等の組織役員、一定規模以下の企業組合、協業組合、農事組合法人の役員の方となっている。

中小企業の経営者には就業規則に規程がない限り退職金は存在しない為にこの制度に加入する事で退職金という位置づけをする事が多い。

読んで頂きありがとうございます。
より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

「小規模企業共済」に関連する記事一覧

小規模企業共済等掛金控除とは?税制上のメリットが大きいこの所得控除を徹底解説!

起業家・個人事業主は注目!所得控除のひとつ、小規模企業共済等掛金控除を活用して税制メリットを受けよう! 小規模企業共済等掛金控除は、所得税や住民税などの税金を減...続きを読む

SPONSORED

小規模企業共済とは?危ない?加入資格から解約方法、メリット・デメリットまで解説!

起業家・個人事業主必見!知らなきゃ損する小規模企業共済制度 「小規模企業共済」は個人事業主や小規模な法人の役員などが退職や事業の廃止などによって解約した場合、そ...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ