ソーシャルメディア活用

創業手帳

FacebookやTwitterを使いこなす

本文を読む


socialmedia_basic_figure03
2000年代までは企業はホームページで情報を発信することで顧客とコミュニケーションすることが主流であったが、2010年頃からソーシャルメディア(SNSサービス(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)など)を活用する企業が増えてきた。

ホームページがプル型(顧客 -> 企業)、メールマガジンがプッシュ型(企業 -> 顧客)の企業と顧客をつなぐコミュニケーション手段だとすると、ソーシャルメディアはその中間に位置する双方向型のコミュニケーション手段である。

ここではソーシャルメディアの最も使われているツールとして、Facebookとtwitterについて簡単にまとめた。これらのツールは、企業あるいは顧客のどちらかが一方的にアクションするというコミュニケーションツールではないので、企業はうまく活用すれば一方的なコミュニケーションツールを使った場合より親密な顧客との関係を築くことが可能だ。

socialmedia_basic_logo01Facebook公式ページのつくり方

  1. http://facebook.comにアクセス
  2. facebookのアカウントを持っていない場合は まずは個人のアカウントを作成する
  3. https://www.facebook.com/bookmarks/pages からfacebookページを作成

socialmedia_basic_figure01
 

socialmedia_basic_logo02Twitter公式アカウントのつくり方

  1. http://twitter.com にアクセス
  2. 「twitterに登録する」に必要な情報入力するだけ

socialmedia_basic_figure02
 
Facebookもtwitterも無料で企業ページや企業アカウントを作ることができ、作り方も本当に簡単だ。あれこれと悩む前にぜひ試しに始めてみるべきだろう。

その一方で、あくまでFacebookもtwitterも、継続的な情報発信を行いファンを集めることに適したツールなので、いかに継続的にうまく運用していくかが重要になる。投稿したコンテンツをホームページの中でコンテンツの一部として掲載する方法もあるので、なるべく効率的にホームページの運用とあわせてうまく活用していってもらいたい。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す