用語

SAPとは何?

SAPとは、ERP(統合型ビジネスアプリケーションパッケージ)の1つで、企業の経営資源を有効に活用し生産性を高める為に、経営を効率化する為に、基幹業務を部門単位ではなく全社的(総合的)に管理するためのソフトウェアパッケージの1つです。

また、SAPにより、IT技術を駆使して企業の利益となる業務改善・業務改革を行う事が出来ます。企業がこのSAPを導入する事で、導入前の手間を省き、管理がしやすくなる事が最も大きなメリットです。

SAPを提供する業者は資金力のある大手企業が大半です。導入する側のデメリットとしては、導入までの期間が非常に長く、工数も多いです。

また、短期的に考えるのであれば、導入コストも高い事があります。

カテゴリ 用語
関連タグ IT アプリケーション ソフト 効率化 生産性
上記をはじめ経営に役立つ情報の詳細は、累計200万部突破の「創業手帳」に記載があります。今月号を無料で差し上げています。
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

起業スタイルに合わせて無料で最適な税理士をご紹介します。

起業すれば必ず必要になるビジネスパートナーが税理士ですが、玉石混交ともいえる税理士の中から自分の身近なネットワークだけで最適な税理士を見つけるのは困難です。創業手帳ではコスト重視、業種・業界専門特化、マルチタイプ専門など、事業のフェーズに合わせて無料で税理士をご紹介させていただきます。

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ