損益計算書(PL)とは。”見方・読み方・書き方”をやさしく解説します。

資金調達手帳

3つの視点で損益計算書を読む

貸借対照表と損益計算書からなる決算書。経営者たるもの、この決算書をきちんと読んで、自身のビジネスの状態・成績を把握しなければなりません。特に、損益計算書は一定期間の会社の経営成績を示すもの。今回は、この損益計算書(PL)を読む時の3つのポイントをもとに”見方・読み方・書き方”を解説していきます。

また、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の3つをあわせた、財務3表という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。この財務3表は、経営において重要となってきます。なかでもキャッシュフロー計算書は創業期においてもっとも重要になってきます。冊子版の創業手帳(無料)では、創業期においてキャッシュフローが重要である理由や、キャッシュフローを改善する方法を詳しく解説しています。(創業手帳編集部)

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

損益計算書(PL)とは?

そもそも損益計算書とはどんな書類なのでしょうか?まずは基礎的な部分を押さえておきましょう。

損益計算書(PL)とはどんな書類?

損益計算書とは決算書の一つで、一定期間の会社の経営成績をあらわしています。

損益計算書は貸借対照表やキャッシュフロー計算書と並んで大切な書類。Profit and Loss statementとも呼ばれ、「PL(P/L)」などと略されることもあります。

損益計算書(PL)の要素

損益計算書は次の3つの要素から成り立っています。

  • 収益
    どれくらいの金額を稼いだのか
  • 費用
    得られた金額のうち、費用はどれくらい使ったのか
  • 利益
    どれくらい儲かったのか(収益−費用)

これにより、損益計算書を見ると「何にいくらの費用を使い、いくらの売上が上がって、どのくらい儲かったのか」ということを読み取ることができます。

貸借対照表との違い

慣れないと損益計算書とよく混乱してしまうのが「貸借対照表」(BS)です。

どちらも財務3表に数えられる重要な決算書ですが、損益計算書が「ある一定期間」の会社の経営成績を表すのに対し、貸借対照表は「ある一時点」の会社の財政状態をあらわします。
貸借対照表は次の要素から構成されています。

  • 資産
    現金や商品、固定資産やのれんなど
  • 負債
    資産のうち、借入金や未払いの商品代金などの他人資本
  • 純資産
    資産のうち、返済する義務のない自己資本

損益計算書と貸借対照表は異なる書類ですが、両者は密接に結びついています。

損益計算書(PL)の「見方」と「読み方」

損益計算書の「見方」と「読み方」を解説します。
損益計算書は、1年間に発生したすべての収益・費用をあらわしています。

損益計算書では、収益は①〜③の3つに、費用はA〜Eの5つに、利益は(イ)〜(ホ)の5つに区分されています。順に見ていきましょう。
PL (292x500)

「収益」の見方・読み方

収益は、企業の稼ぎの源となるものです。「売上高」「営業外収益」「特別利益」の3つに分けられます。

①売上高……収益のうち、主たる営業活動によって獲得されたもの

②営業外収益……収益のうち、主たる営業活動以外の活動によって獲得されたもの。
ex.受取利息、受取配当金など

③特別利益……収益のうち、①でも②でもない、臨時的な事由によって獲得されたもの。
ex.固定資産売却益、投資有価証券売却益など

「費用」の見方・読み方

費用は、企業が稼ぎを生み出すために使ったものを指します。次のような種類があります。

A売上原価……①の売上高に対応する、仕入れと製品の製造にかかる費用

B販売管理費……主たる営業活動のうち販売活動や管理等にかかる費用
ex.給与、広告費、荷造運賃、旅費交通費、水道光熱費、保険料、減価償却費など

C営業外費用……主たる営業活動以外の活動にかかった費用
ex.支払利息など

D特別損失……費用のうちA、B、Cでもない、臨時的な事由によって生じた費用
ex.固定資産売却損など

E法人税、住民税及び事業税……法人の所得にかかる税金

「利益」の見方・読み方

利益は、収益から費用を引いた、企業の儲け分です。次の5つの種類があります。

(イ)売上総利益……売上高から対応する売上原価を引いた利益。
よく言われる粗利はこの部分のことです。

(ロ)営業利益……売上総利益から、販売費及び一般管理費を引いた利益。
主たる営業活動から生じたもの。

(ハ)経常利益……営業利益から、営業活動以外の活動から発生した収益・費用を加減した利益。
通常の活動により生じたもの。

(ニ)税引前当期純利益……経常利益から、臨時的に発生した特別利益・損失を加減した利益。

(ホ)当期純利益……税引前当期純利益から法人税、住民税及び事業税を引いた利益。
全ての経営活動の結果。

このように、損益計算書には項目が多数あり、さらにいくつもの計算が必要となってきます。毎日の記帳をしっかりとしていないと、間違った損益計算書を作成してしまい、正しい収益力を把握できなくなります。そうならないためには、会計ソフトを導入するとよいでしょう。冊子版の創業手帳では、おすすめの会計ソフトや、導入方法について詳しく解説しています。会計ソフトには自動で損益計算書などを作成してくれる機能がありますので、とても便利です。(創業手帳編集部)

損益計算書(PL)の見方|3つのチェックポイント

次に、損益計算書の見方のポイントを3つご紹介します。

損益計算書の見方ポイント1.当期純利益はありますか?

損益計算書で一番に見るべきは、「当期純利益」です。

当期純利益は会社の1年間の経営成績であり、見れば黒字なのか赤字なのかがすぐにわかります。

最終的な儲けである当期純利益がないと、会社に利益が蓄積しないため、資本金を食い潰すことになってしまいます。

当期純利益を積み上げていき、経営基盤を安定させましょう。

損益計算書の見方ポイント2.営業利益だけでなく、営業利益率をチェックしよう

営業利益は主たる営業活動でいくら稼いだかをあらわしています。

ただし、この営業利益がプラスだから安心というわけではありません。

例えば、X社とY社、どちらも営業利益が1,000万円とします。しかしX社の売上高は2億5,000万円、Y社の売上高は20億円です。どちらの会社がよいと思いますか?

答えはもちろんX社です。

X社の営業利益率は4%あるのに対し、Y社は0.5%しかありません。Y社は売上が少しでも減少すると赤字になってしまいますね。

営業利益を見るときは、必ず「営業利益率」がいくらあるのかチェックしましょう。

営業利益率は、売上高に占める営業利益の割合をあらわしています。

算式にすると以下のようになります。
営業利益率=営業利益/売上高

営業利益率は会社の業種によって大きく異なるので、一概に何パーセント以上あればよいとは言えませんが、財務総合政策研究所 調査統計部調査統計課(財務省)が出している法人企業統計調査結果(平成26度)によると、全産業(金融・保険は除く)の平均営業利益率は3.7%となっています。

ホームページで検索すると簡単に調べることができますので、自社と同じ業種の平均の営業利益率と比較してみてください。

もし、営業利益率が低い場合は、改善する対策を考えましょう。

損益計算書の読み方|営業利益率を改善するためにはどうしたらいいの?

いっぱい売っているのに、とても忙しいのになぜか利益が残らない。

営業利益率が悪いパターンによくあります。

では、どうしたら、営業利益率をよくすることができるのでしょうか?

損益計算書の読み方手法1.取扱っているすべての商品・サービスごとの利益率を把握しよう

利益率を上げるイコール利益を上げればいいんでしょうと、やみくもに売上をあげようとしても、効率が悪くなったり、余計な費用がかかってしまったりします。

取扱っているすべての商品・サービスごとの利益率を把握し、利益率の高いものの売上げをあげるようにしましょう。

損益計算書の読み方手法2.固定費がいくらあるのか把握し、分析してみよう

利益率を上げるには、コストを削減する方法もあります。

ただ、闇雲に経費削減をうたって、売上まで下がってしまっては、本末転倒です。

まずは売上の増減に関係なく一定額発生する固定費を削減しましょう。

では、削減を検討すべき「固定費」はどのように見極めれば良いのでしょうか?

損益計算書に記載されている売上原価・販管費は、「変動費」と「固定費」に分けられます。

売上の増減に比例するのが変動費で、売上に関わらず一定額で発生するものが固定費です。

固定費の例としては、給料や社会保険料等の人件費、賃料・水道光熱費・リース料、保険料などがあげられます。

この固定費の中で最も金額が大きいのは、人件費である会社が多いでしょう。

人件費を検討するには、労働分配率を見てみます。労働分配率は、会社が創出した価値に対する人件費の割合です。

つまり、労働分配率が高いと、人件費をかけすぎている可能性があるということです。この場合には、削減を検討しましょう。

労働分配率を算式にすると以下のようになります。
労働分配率=人件費÷付加価値額×100(%)

付加価値額とは、「外部から購入した商品やサービスに対し、自社の経営活動を通じて新たに付け加えた価値」をあらわしています。

付加価値額を算式にすると以下のようになります。(財務省の法人企業統計での算出方法)
付加価値=人件費()+動産・不動産賃貸料+支払利息・割引料+租税公課+営業純益(※※)

(※)人件費=役員報酬+従業員給与手当+福利費
(※※)営業純益=営業利益-支払利息・割引料

労働分配率は通常40〜60%程度で、50%未満に抑えるのが望ましいと言われています。高い場合は、十分な利益が出せていないことが多いため、人件費を削減する方法を考えましょう。

今はITのめざましい進歩で、これまで減らすことができなかったような管理業務を大幅に削減できるようなシステムやサービスがあります。

今までは人がやらざるを得なかった単純作業を自動化でき、人件費を削減できる可能性があるので、検討する価値はあるでしょう。

できるだけ固定費を抑えるほど、利益は出やすい体質になるので、人件費の他にも削減できるものがないか検討しましょう。

損益計算書の見方ポイント3.「雑費」「雑損失」の勘定科目が多額になっていませんか?

損益計算書のうち、販売費及び一般管理費の「雑費」や営業外費用の「雑損失」といった科目に多額の金額が計上されている場合は、その中身について精査してみましょう。

銀行や税務署など第三者が決算書を見た際、使途がわからない科目の金額が多い場合は、不正があるのではないかと要注意で見られます。中身を精査して、適切な科目に振り分けるようにしましょう。

また、「雑損失」については決算内訳書でその内容を書くようにしましょう。

損益計算書(PL)の書き方

最後に、損益計算書の書き方・作り方を解説します。主な方法としては、「テンプレートを使って作る」「会計ソフトを使って作る」「税理士に依頼して作る」といったものがあります。順にご紹介します。

損益計算書の書き方1.テンプレートを使って作る

損益計算書の作成にあたっては、既存のテンプレートやフォーマットを使うことが可能です。損益計算書を作る流れは、準備作業も含めて次の通りです。

①決算整理仕訳

まずは日々の取引の仕訳をする必要があります。事業年度内の仕訳の確認、調整を行います。

②総勘定元帳に転記する

仕訳をした各勘定科目を「総勘定元帳」に転記します。損益計算書だけでなく、貸借対照表など様々な決算書類に関係してくる書類なので、転記ミスや漏れに注意しましょう。

③試算表を作成する

次に、すべての勘定科目を集計する「試算表」を作成します。試算表には、「合計試算表」「残高試算表」「合計残高試算表」の3つの形式があります。

④損益計算書を作成する

試算表の借方と貸方の金額が一致したら、損益計算書を作ります。ここまでで作成した資料をもとに、損益計算書の費用と収益の項目に数字を入れていきましょう。
このとき、「売上」⇒「売上高」、「仕入」⇒「売上原価」など、表記を変えなければならないものがあることに注意してください。

損益計算書の書き方2.会計ソフトで作る

会計ソフトを使えば、少ない手間で損益計算書を作ることができます。クラウドタイプやダウンロードタイプがあり、次のようなソフトが人気です。

  • 弥生会計
  • 会計ソフトfreee
  • マネーフォワードクラウド会計

会計ソフトでは日々の仕訳入力も行うことができ、損益計算書をはじめとした決算書も自動で作成が可能です。

損益計算書の書き方3.税理士に依頼して作る

簿記の経験者など、慣れている方であればテンプレートやソフトを使って自身で作ることもできるかもしれませんが、初めての方にはハードルの高い損益計算書。慣れない損益計算書の作成作業に奮闘するよりも、プロにおまかせし、空いたリソースで本業の業務にあたる方が良い場合もあるでしょう。

お願いできる税理士を探すには、「知り合いの税理士を紹介してもらう」「インターネットで検索して税理士を探す」などの方法がありますが、なかなか大変です。創業手帳で相談いただくと、信頼できる税理士の先生を無料でご紹介することもできます。こちらからお気軽にお問い合わせください。

まとめ

損益計算書を読み解いていくことで、どの商品・サービスが儲かっているのか、儲かっていないのか、さらに儲けるためにはどうしたらよいのかが見つかります。

常に、自分の会社の利益が今どうなっているのか、儲かっていない商品・サービスはないか、余分な支出はないか、など月次決算を組んで現状を把握するようにしましょう。

また、起業家はお金の専門家というわけでないので、もし困ったら税理士などの専門家に相談することも考えましょう。冊子版の創業手帳では、創業期から税理士と契約することのメリットについて解説しています。また、資料請求時にWeb版の無料会員登録をまとめて行えます。会員向けに無料で専門家を紹介していますので、こちらもご活用ください。(創業手帳編集部)

初めての起業・会社経営に!基礎知識をまとめたガイドブックプレゼント中

ところで、決算書読めてます?
ドキッ!? 決算書、きちんと読めますか?
決算書は次の3つの目で読め!
決算書を見る3つの目 〜会社の数字、公平な目で見ていますか?
実際、他の企業はどうなってるの?
平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)(確報)発表

(監修:ゆう税理士事務所 代表・税理士小林優子(こばやしゆうこ)
(編集:創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ