創業期には、良質で信頼性の高い情報収集を

情報は経営の命綱!

(2018/12/03更新)

目まぐるしく情勢が変化する中、会社経営ではより良い情報収集が命綱になると言える。しかし、インターネットが普及し、氾濫している情報の中から良いものを選ぶにはどうしたらよいだろう。今回は、「創業期の情報収集」について押さえるポイントをまとめた。

経営者にとって「良い情報」とは?押さえるべきポイントを知ろう

多忙な創業期でも、経営者は情報収集を怠るべきではない。新鮮な情報から遠のいてしまうと、世の流れや競合に取り残され、会社の成長が遅れてしまうからだ。では、どのような情報が「良い情報」と言えるのだろう?

ポイント1 経営の意思決定に役立つ信頼できる情報であること

経営者は、会社の方向性や取組など日々意思決定を求められる。臨機応変かつ将来を見通した正しい経営判断を行っていくためには、政治・経済・社会・技術などの変化によって自分の会社のポジションがどうなっていくのか、正しい情報を見極め、常に世の中の動きを読み切る分析力が求められる。

ポイント2 経営の改革と成長に役立つ学びのある情報であること

決して独善に陥ることなく、常に学び続ける姿勢でいること–数多くの成功した経営者が揃って口にする言葉だ。成長企業の秘密、経営破たんの真相、カリスマ経営者の経験談、ヒット商品開発の現場、地道な改善…自らを鍛え会社をもっと強くするための「学び」の情報を入手することが必要だ。

ポイント3 組織力を高めるために情報を発信し続けること

自分ひとりだけの力で事業を成功させた起業家はいない。同じ目標に向かって一緒に働いてくれる「仲間」が必要不可欠である。フラットなコミュニケーションと情報共有を心がけ、現状の課題や将来のビジョンを忌憚なく話し合うことで、社員は育ち、会社の士気を高めていくことができる。

多くのビジネスマンが読んでいる日経電子版がオススメ!

数字で見る日経電子版のスゴイところ

日経電子版の有料購読会員数は60万人を超え、経営に携わるポジション、30~50代のビジネスリーダー世代が読者の中心だ。ビジネスでの影響力の高さがわかる。

会社創業期にこそ情報武装を!日経電子版Proを使おう


ひと昔前には、上司から「ビジネスマンなら日経新聞を読むべきだ」などと言われる場面がよく見られた。今の時代に使うならば「日経電子版」、さらに、経営者なら法人利用に特化した「日経電子版Pro」が断然おすすめだ。個人利用に比べて使える情報と機能が幅広く、自分だけではなく、会社全体で活用できるところが特長だ。

もう手放せない!日経電子版Proを使う理由

情報量が圧倒的!

日経電子版の記事に加え、日経の専門紙の記事や人事情報、会社情報も配信。記事本数は1日約1,300本に及ぶ。新規開拓や新商品開発の情報収集に役立つ。

知りたい情報を自動収集!

登録した企業や業界、キーワード、テーマなどの情報を自動で収集。自分のビジネスに欠かせないニュースを簡単に集められる。

チームの情報力を強化

記事をプレゼントして情報共有できる「ギフト機能」や重要な情報をチームでシェアできる「グループ機能」など、発信ツールとしても活用できる。

どの端末でも使える!

PCのみならず、スマートフォンやタブレットなど、マルチデバイスに対応。いつでもどこでも情報にアクセスできる。

まずは無料トライアルから!

1ライセンス:月額6,000円(税抜)

1ライセンスにつき1名がサービスを利用できます。/1ライセンスからご契約できます。/新聞購読料とのセット料金はございません。

お問い合わせはこちら:0120-968-179

受付時間:平日9:30~17:30(土・日・祝日除く)

詳しい資料を「創業手帳」がお届けします

日経電子版Proについての詳細資料を創業手帳がお届けします。詳細は下のボタンからどうぞ!

(監修:株式会社 日本経済新聞社
(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す