注目のスタートアップ

ヨクト株式会社 河野 敬文 | 重心センサーを組み込んだヨガマットで注目の企業


世界初の重心センサーを組み込んだヨガマットで注目なのが河野 敬文さんが2017年に創業したヨクト株式会社です。

ヨガマットに重圧センサーやAI解析などの最先端のテクノロジーを融合しており、今まで以上に深いものへと導いていく新しいヨガの体験が出来ることで、今注目を集めています。

ヨクト株式会社に、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

世界初の重心センサーを組み込んだヨガマットです。

ヨガレッスン中、自分の重心がわかり、それを記録し、視覚化します。自分の癖やウィークポイント、そして変化を知ることが可能になります。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

ヨガスタジオで使用することで、インストラクターはオンライン、リアルに関わらず、生徒さんのデータをリアルタイムで確認できます。

今よりもさらに的確な指導が可能になります。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

体の使い方、アライメントをよりよくする事で怪我の防止に繋がります。

インストラクターはいつでもどこでも均質なレッスンを提供することが可能に。
どんな状況下でも安心安全なクラスの展開につながります。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

市場に参入することです。

新規開拓はもちろんですが、ヨクトを認知をしていただくこと。
多種多様な同業者がいる中、ヨクトを選択していただけるようにするにはどうするか。

未だに乗り越えたとは感じていませんが、地道に一つ一つの案件を遂行することでネットワークは広がりました。
一つの案件が次の案件に繋がる良い連鎖を生んでいます。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

人々の健康を支え、日常に寄り添うIoTプロダクトの開発、サービスを提供し、健康を社会に還元する企業へ成長します。

・今の課題はなんですか?

ヨクトは急成長中です。エンジニア含め、ご協力いただける方を募集しています。

世の中にないものを一緒に作りたい方、新しい事にチャレンジしたい方、ご応募お待ちしています。

・読者にメッセージをお願いします。

ヨクトはITとYOGAを融合させ人々がもっと健康になる世界を目指しています。

自分自身を知り、自身との繋がり、世界との繋がりをもっと感じれるようなサービスを提供していきます。

会社名 ヨクト株式会社
代表者名 河野 敬文
創業年 2017年
住所 福岡県福岡市西区石丸3丁目6-28
事業内容 システム開発、ウェルネス事業
サービス名 yoctoMat
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX IoT ウェルネス ヘルステック ヨガ ヨクト 河野 敬文
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

無人コンパクト・ホテル「mizuka」運営の「Hosty」が6億円調達
2020年1月31日、株式会社Hostyは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 無人コンパクト・ホテル「mizuka(ミズカ)」を運営しています。 ホテルの予約から、チェックイン、ゲ…
IoTディープラーニングの「Preferred Networks」がトヨタから105億円調達!
平成29年8月4日、株式会社 Preferred Networks は、トヨタ自動車から105億円の追加出資を受けると発表しました。 これにより、トヨタが外部筆頭株主となります。 IoT デバイス同士…
海事産業のDXを目指す「Marindows」が2億円調達
2021年12月8日、Marindows株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 海上でも速い通信が行える次世代ブロードバンド通信の登場を見据え、海上統合デジタルプラットフォーム…
建機レンタル業界向けDXサービスを提供する「SORABITO」が資金調達
2022年6月10日、SORABITO株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 SORABITOは、建機レンタル会社向けオンラインレンタル機能構築支援クラウド「i-Rental 注文アプリ」…
小売・商業施設のDX支援を手掛ける「COUNTERWORKS」が6.5億円調達
2020年7月14日、株式会社COUNTERWORKSは、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 小売・商業施設のDX支援を手掛けています。 具体的には、短期貸し店舗やイベント…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ