注目のスタートアップ

株式会社ウォーターデザインジャパン 藤田和志・伊藤夏美|ウルトラファインバブル生成機の事業展開が注目の企業

世界で初めて水道器具認証を受けた特許技術・ウルトラファインバブル生成機の事業展開で注目なのが、藤田和志さん・伊藤夏美さんが2020年3月に創業した株式会社ウォーターデザインジャパンです。

ウルトラファインバブルは、日本発の世界が注目する「水」に関するイノベーション技術です。

ウルトラファインバブルとは別称ナノバブルとして知られている微細な泡で、その大きさは約0.000001ミリ、100万個並べてやっと1ミリになる程度の極めて小さな泡です。
泡がナノサイズまで小さくなると、微粒子と似たような「ブラウン運動」という重力に反した動きをするため、約1年以上水中に泡が停滞することが可能です。
ウルトラファインバブルは、水回りの汚れの原因であるヌメヌメした「バイオフィルム」の剥離、予防に有効です。
水質保全のために余計な化学薬品を使うこともなく、水道管やシンク等の汚れも付きにくくなり、自然環境にも保全費用の面でも大変優れた技術として世界から注目を集めています。
1990年代以降、この研究開発が急速に加速し、今では各産業への応用や農業用水への応用を含め産業化が一層拡大中です。

そうした中において、従来以上の安全性と機能性を研究・追及したウルトラファインバブル生成機器に、大きな注目が集まっています。

株式会社ウォーターデザインジャパンのウルトラファインバブル生成機事業の特徴は、大変コンパクトに簡単に、あらゆる場所の水道管に装着することが出来るという効率性・普及性に加え、世界初の特許技術として認証を受けたウルトラファインバブル生成技術によって、より一層の安全性と機能性を高められている、という点です。

株式会社ウォーターデザインジャパンの伊藤夏美さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

私たちはUFB DUALという微細な泡(ウルトラファインバブル)を発生するウルトラファインバブル生成ノズルを提供しています。
水道の配管にこれを1つ取り付けるだけで、建物中の水道水をウルトラファインバブルに変えることができます。
ウルトラファインバブル生成器としては世界初の水道機器認証を取得しており、水中の酸素を使用した泡の生成法を確立しています。
これによって従来からの課題であった不純物混入や水圧・水量提言といった課題を解消し、高い安全性を実現することに成功しました。
これまで洗浄効果、ガス溶解、保湿効果、植物などの発育促進などを目的に住宅、ビル、病院、工場など約6,000箇所に導入されています。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

UFB DUALは水道管に直接設置ができ、建物丸ごとウルトラファインバブルにすることが可能です。
一般のお客様のご家庭はもちろん、工場の洗浄、人工透析の機械洗浄など幅広い分野で使用頂きたいと思います。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

ウルトラファインバブルの技術を活用することで配管の汚れを防ぎ、水の清浄化をし、洗浄等の薬品やメンテナンスコストにかかるトータルコストの低減化することです。
化学薬品の削減により環境問題も解決していきます。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

ウルトラファインバブルの持つ可能性と適応できる業界は非常に多く、良いパートナー探しに創業時は時間を費やしました。ピッチ大会に出場し、メディアで露出することでより多くの質の良いリードを獲得することにフォーカスをしてきました。

これまでにスタートアップワールドカップ大阪大会2020にて優勝ならびにサントリー賞を受賞、Monozukuri Hardware Cup2021にて優勝、世界各都市にグローバルなDeep Techネットワークを展開するコミュニティHello TomorrowのJapan Challengeにてフランス大手Air Liquide賞を受賞、Plug and Play Japanアクセレレータープログラムにも採択されています。
その他にも、ジェトロ・イノベーション・プログラム(JIP)に採択され 、TechCrunch Disrupt 2020にて登壇するなど、海外展開を見据えた活動も積極的に行なっています。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

世界規模で地球環境が変化する中で、より良い未来にするためにも、水のテクノロジーを地球の隅々まで届け広め、子供から大人まで一人一人が意識しなくても、自然に環境問題が改善出来るように日々活動中です。世界中の住宅にUFB DUALを設置し使用する事によって、積極的に、安全に、環境改善を目指しています。

・今の課題はなんですか?

現在、日本だけではなく世界中からも多くのお問合せを日々いただいており、これまで約70ヶ国以上の国と地域からお問合せをいただいています。この技術を必要としている人により早くリーチできるようにさまざまな取り組みをしています。

・読者にメッセージをお願いします。

私達が暮らす地球がどんどん変化する事を肌で感じるようになり、世界的に抱える環境問題を改善できることが出来ないかを考える中で、地球上や私達に必ず必要な水に着目しました。ウルトラファインバブルというナノサイズの微細な泡に様々な効果効能があり、この技術で問題解決のアプローチをしています。少しでもご興味がある方がいらっしゃれば一度ぜひお問い合わせいただければ幸いです。

会社名 株式会社ウォーターデザインジャパン
代表者名 藤田和志・伊藤夏美(共同創業者)
創業年 2020年3月
事業内容 ウルトラファインバブル生成機の販売とそれに付帯する業務
サービス名 UFB DUAL
所在地 東京都品川区西品川1丁目1−1 大崎ガーデンタワー9階 TUNNEL TOKYO
代表者プロフィール アメリカ・ペンシルバニア州にて学位を取得。新卒でITベンチャーに勤め、海外事業部にて英語圏の市場を主に担当。その後、外資SaaS企業にヘッドハントされマーケティングマネージャーとして入社。現在、ウォーターデザインジャパン社のPR・海外担当として参加。世界最大級のグローバルピッチコンテスト・カンファレンス「Startup World Cup」大阪予選「Startup World Cup 2020 Osaka Regional」で優勝。アジア太平洋地域全体で注目すべき中小企業やスタートアップ企業にスポットライトを当てたForbes Asia 100 to Watch」にも選出。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ウォーターデザインジャパン ウルトラファインバブル クリーンテック ナノバブル 伊藤夏美 藤田和志
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ