注目のスタートアップ

株式会社toraru 西口潤|実用的なメタバースサービスの事業展開が注目の企業

実用的なメタバースサービスの事業展開で注目なのが西口潤さんが2018年4月に創業した株式会社toraruです。

メタバースと言えば、自分の分身となるアバターが仮想世界の中で遊んだり、仕事をしたり、誰かと交流したりするというバーチャル世界をイメージされると思います。

このアバターが、もし現実世界にいる他の誰かで、自分はその現地にいなくても誰かの身体を通して現地のリアルな体験を得ることが出来るとしたらどうでしょう?
現地にいなくても欲しいものが手に入ったり、普段会えないような有名人と会って話が出来たり、自分の身体では入ることが出来ない狭い洞穴の中を探検したり・・・
まるでどこでもドアのように行きたいところにいつでも簡単に行けるような世界、そんな世界を開こうとしている実用的なメタバースサービスに今注目が集まっています。

株式会社toraruのメタバースサービス事業の特徴は、
依頼者とワーカーとそのスマートフォンをマッチングさせることで現実の世界に入っていき、現地に行くことなく希望する場所に出現して目的を達成できという点です。

株式会社toraruの西口潤さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

依頼者は、いつでもどこでも、希望の地にいる誰かの体をかりて、出現し、現地の人の手足を借りて遠方地の仕事や用事を達成できます。
働き手は、スマートフォンが一つあれば、誰かの代わりになるという新たな仕事を受注できます。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

ビジネスでもコンシューマー向けでも、その地に行かないとできなかった仕事がある方はぜひ使ってもらいたいと考えています。
例えばビジネスなら遠方の展示会参加や取引先の店舗や会社を確認、打ち合わせなど。
コンシューマー向けなら遠方の結婚式でも、入院中の買い物でも。
オンラインミーティングアプリケーションだとポイントTOポイントで担当者の顔だけの確認になりますが、『GENCHI』であれば会社の姿も駅からの道でさえもが確認できます。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

場所の格差の解決です。その地に電波は必要ですが、あとは依頼費用さえ用意できれば、もはやGENCHIで世界中どこでも出現できます。
これまで遠方地のことは、その地の支局や支店の誰かを介してだったり、コンサルティング会社に任せることも多かったと思いますが、もう自分で参加して、その地でコミュニケーションできる時代になっています。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

知識が不足してて「合同会社では出資をしてもらえない」ことさえ知らなかったことです。地方では、いまだにスタートアップという言葉さえも認知されていない現状があり、そこにも情報の格差があります。東京支社を設立して接点を持ち知識や繋がりをアップデートすることで乗り越えました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

世界中を繋ぐ仮想交通網にしたいです。いつでもどこでも誰かの体をかりて、希望の地に出現できる、
「世界中から移動の必要性をなくし、したい人のみできる社会にしたい」と考えています。
しかも、物理移動がないのでCo2削減量も圧倒的だと思います。

・今の課題はなんですか?

拡大のための人材でしょうか。一緒にこの仕組みを世界に広げたい方はぜひお声がけください。

・読者にメッセージをお願いします。

創業の本社の場所の選択や会社設立タイミングは、その後に大きく影響する大きな要素なのでよく考えて設立することが大切です。
弊社は地方課題の解決をしたいので地方都市に本社を置いています。

会社名 株式会社toraru
代表者名 西口潤
創業年 2018年4月3日
事業内容 非常に実用的なメタバースサービスです。通常のメタバースではバーチャル世界に入っていくのですが、弊社では依頼者とワーカーとそのスマートフォンをマッチングさせることで現実の世界に入っていきます。現実に現地に行くことなく希望する場所に出現して目的を達成できます。
そういう意味でリアル版のメタバースとしており、現地の働き手は依頼者の依頼に従い、指定の場所に移動し、必要に応じて、持っているスマートフォンを活用して視覚代わりの映像・聴覚代わりの音声で同期しながらミッションに対し、物理的に体を貸して支援します。
通常のメタバースのような3Dで実現するより圧倒的なリアル感とコンテンツがあるので楽しく参加でき、その世界の中で決済して商品を買うことができたり、言語を介さずに意図を伝えてることができたり、物理的に入れないところに入れたりするという、どこにいてもどこにでも行けて目的を達成できる革新的なサービスです。
サービス名 実用的なリアルメタバースGENCHI
所在地 〒650-8660 兵庫県神戸市中央区浪花町56 KIP内
従業員数 4名
資本金 18,500,000円
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ toraru アバター テレイグジスタンス どこでもドア リアル版メタバース 仮想交通 西口潤 通信で移動する時代
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

VR向けアバター販売・改変プラットフォーム開発の「ポリゴンテーラー」が資金調達
2022年2月21日、株式会社ポリゴンテーラーと、株式会社ポリゴンテーラーコンサルティングは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ポリゴンテーラーは、アバター販売・改変プラットフォーム…
アバターの自動生成・編集システム「AVATARIUM」やNFT 3DCGマーケットプレイス「Pocket Collection」提供の「PocketRD」が4.5億円調達
2021年11月12日、株式会社PocketRDは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アバターの自動生成・編集システム「AVATARIUM」や、NFT 3DCGマーケット…
バーチャルキャラクターとの対話型コミュニケーションサービス「cocoro:id」提供の「MOSHBIT.」が資金調達
2021年10月13日、株式会社MOSHBIT.は、資金調達を実施したことを発表しました。 バーチャルパートナーとの対話型コミュニケーションサービス「cocoro:id(ココロイド)」を提供しています…
アバター技術により人間を生身から解放する「AVITA」が設立 5.2億円を調達
2021年9月7日、AVITA株式会社は、総額5億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人と関わるロボットやアバターの研究開発を行う石黒浩氏(大阪大学大学院基礎工学研究科教授)が設立…
Web会議などで自分の外見をAIによって置き換える「xpression camera」が正式リリース
2022年3月31日、株式会社EmbodyMeは、「xpression camera(エクスプレッションカメラ)」の正式版をリリースしたことを発表しました。 「xpression camera』は、自…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ