注目のスタートアップ

【速報】スタートアップワールドカップ2023決勝:優勝は医療系のアイリス沖山翔さん!

優勝は日本から出場のアイリス沖山翔さん!

2023年12月1日(米国時間)にサンフランシスコで「スタートアップワールドカップ(SWC) 2023」決勝大会が開催され、日本代表のアイリス株式会社の沖山翔社長が見事優勝しました。
綿棒で鼻の奥から検体を採取する代わりに患者ののど画像を撮影することで、簡単で正確なインフルエンザの早期発見を可能にするAI医療機器「nodoca」を開発し、クリニックなどに提供しています。
SWCでの日本企業の優勝は2017年の第1回に続き、2回目となりました。

SWCは、アニス・ウッザマン氏がCEOを務める米ペガサス・テック・ベンチャーズが主催する、世界最大級のグローバルピッチコンテスト・カンファレンスです。
今年が5回目で、世界50地域以上の地域予選を勝ち抜いた企業で競われました。ただ、実際にはビザ(査証)発給やスケジュールの関係などから渡米できなかった企業を除いて、42社が11月29日のサンフランシスコでの準決勝に挑み、うち10社が決勝に進出しました。優勝投資賞金は100万ドル(約1億5千万円)となっています。

日本からは東京予選優勝のアイリスとともに、京都予選の優勝者スマートホームを米国で展開するHOMMA Group株式会社・本間毅社長が参加しました。本間氏も最終10社に残り、決勝ピッチに登壇しています。

また決勝大会では講演も行われ、米国で大人気の投資リアリティー番組「シャーク・タンク」に出演する70代の女性起業家バーバラ・コーコラン氏をはじめ、旧サン・マイクロシステムズ共同創業者でシリコンバレーの著名ベンチャーキャピタリスト(VC)として知られるビノッド・コースラ氏、グーグル系自動運転開発会社ウェイモのテケドラ・マワカナ共同CEOらがゲストとして登壇しました。ほかに、テスラのアイラ・エーレンプレイス取締役や、ウーバー、ロブロックス、リンクトイン、レディットの幹部もスピーチを行いました。
スタートアップワールドカップの知名度が年々高まるにつれ、米国のテック業界やスタートアップシーンでの著名人がスピーカーとして多数参加するようになっています。

上位の入賞者は下記の通りです。

スタートアップワールドカップ2023決勝大会 入賞者

1位 アイリス株式会社(東京都中央区)
AI医療機器システムを開発。大量ののどの画像データベースを使って、AIがインフルエンザの診断を行う医療機器は世界でも類がない。収集したのど画像データは人種や地域にかかわらず活用できることから、今後の事業の世界展開も期待されます。

2位 SaveFruit(メキシコ)
天然物質を使ったポストハーベスト剤の「SAVEFRUIT」を開発しています。果物に適用することで店舗などでの寿命を延ばすことができ、収益ロスを減らしたり食料廃棄物の削減につなげられるといいます。ポストハーベスト技術は農業大国でもある米国で研究開発が盛んですが、今回のものは化学物質を使わず健康影響が少ない点で優れています。

3位 VOINOSIS(韓国)
AIを使った音声解析により、認知症(アルツハイマー型認知症)の早期発見につなげるシステムを開発中。米国や日本で認知症の進行を遅らせる新しい医薬品が承認されていますが、認知症の初期段階向けで、その診断には手間とコストがかかります。このような技術が実用化されれば低コストで早期認知症の診断がある程度可能になると思われます。

他のファイナリスト(アルファベット順)
・Artisio Ltd.(ジョージア予選代表)
・Block Aero Technologies Holdings Limited(タイ予選代表代表)
・Circu Li-ion S.A.(ルクセンブルグ予選代表)
・ Electro Scan Inc.(アメリカ・サクラメント予選代表)
・ HOMMA Group, Inc.(日本・京都予選代表)
・Mitra Chem (Mitra Future Technologies Inc.)(アメリカ・シリコンバレー予選)
・ NanoFreeze (BioCold Technologies S.A.S)(コロンビア予選代表)

主催者のアニス・ウッザマン氏から創業手帳読者へのコメント

今回、世界決勝戦は第5回目となりましたが、決勝戦に出場する地域予選代表社のレベルが年々上がっているのを肌で感じます。
また世界で社会課題となっている環境、エネルギー、食料、医療等の問題に関して、テクノロジーを掛け合わせた革新的なソリューションとビジネス・スキームを持つスタートアップが本大会でも目立ちました。
約50社が集結した激戦の中で、日本代表のアイリス、HOMMAの2社がファイナリスト10社に選ばれるという快挙を達成し、日本の技術やビジネスの精度の高さを世界に証明することができたと思います。
是非とも、本大会をジャンプ台として、世界へ大きく羽ばたいていただきたいと思いますし、ペガサスはそれを全力で応援しています。

今年のスタートアップワールドカップのまとめ

今回のスタートアップワールドカップを振り返ると、その開催趣旨通り、欧米中日のほか東南アジア、中南米、中東、アフリカ、ウクライナ、ジョージアなど世界各地のスタートアップが参加し、地域的な多様性が非常に高いピッチコンテストとなっています。
途上国であっても地域の課題解決にとどまらず、AIやブロックチェーン、環境関連技術などを活用して新しいビジネスモデルを生み出し、周辺国や市場規模の大きい米国などにグローバル展開しようというスタートアップが出てきています。
ベンチャー投資が下火になる中でも、経済活性化につながることから、こうしたスタートアップのトレンドは先進国のみならず途上国にも、今後まだまだ広がりをみせていくと思われます。

概要

日時:2023年12月1日(金)9:00~18:00
会場:HILTON SAN FRANCISCO UNION SQUARE
主催:ペガサス・テック・ベンチャーズ

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ アニス・ウッザマン スタートアップ スタートアップワールドカップ ペガサス・テック・ベンチャーズ ベンチャー
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

米国を拠点とする植物工場スタートアップ「Oishii Farm」が55億円調達
2021年3月12日、Oishii Farmは、総額約55億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本人CEOが経営し米国を拠点とする植物工場スタートアップです。 独自開発の自動気象管理システム…
「FINOLAB」がスタートアップ向けのバックオフィス・シェアリング・サービス「SUBPOSI」を開始
2020年6月4日、株式会社FINOLABは、「SUBPOSI(サブポジ)」を開始することを発表しました。 「SUBPOSI」は、スタートアップ向けのバックオフィスのシェアリング・サービスです。 第1…
ブロックチェーン活用スニーカー取引きコミュニティ「KCKC」β版がリリース
株式会社シティーデジタルは、「KCKC(キクシー)」のβ版アプリケーションをiOSにおいてリリースしたことを発表しました。 「KCKC」は、ブロックチェーンを活用したスニーカー取引きコミュニティです。…
「THE JSSA Tokyo AWARD &POWER-MATCHING」でピッチ・コンテストが10/24に開催 参加企業募集
2019年8月30日、一般社団法人日本スタートアップ支援協会は、「THE JSSA Tokyo AWARD &POWER-MATCHING」の開催を発表しました。 上場を目指すスタートアップ企…
スタートアップにクリエイティブを投資する「NEWS」が設立
2019年8月7日、NEWS合同会社は、自社の設立を発表しました。 クリエイター・事業家・投資家が手を組み、スタートアップ企業に対して、クリエイティブ・マーケティングの知見を投資し、ビジネスの成長をサ…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】