注目のスタートアップ

PLEN Robotics株式会社 赤澤夏郎| AIロボティクスの事業展開が注目の企業

AIロボティクスの事業展開で注目なのが、赤澤夏郎さんが2017年に創業したPLEN Robotics株式会社です。

少子高齢化が進み、労働力人口は2040年には今より約20%減少するといわれています(厚生労働省調べ)。
限られた人手でより良い社会サービスを提供してく為に、人間に代わる何者かの力が必要になってきます。

既にお掃除ロボットや案内ロボットや配膳ロボットといった、業務や家事労働の一部自動化が進んでおり、活用している人や企業も増加傾向にありますが、これらのロボットの多くは、あらかじめプログラムされた内容を繰り返すという作業ベースのロボットであり、人のような臨機応変な対応力に欠ける部分がまだまだあります。つまり自分で考えたり学習したりできないロボットたちです。

これからの社会で労働力人口の代替として活躍するには、人の手が極力かからない、臨機応変な対応力のあるロボットが求められるようになるはずです。
しかもそれが誰にでもどこででも受け入れられやすいカタチでなければなりません。
このように、より人間らしい「感情」や「表情」をくみ取ることが出来て、時と場合に応じた対応を学習しながら実践できるAI搭載ロボットの一般普及に、今注目が集まっています。

PLEN Robotics株式会社のAIロボティクス事業の特徴は、幅74㎜×奥行き74㎜×高さ74㎜という小型サイズの中に顔認証や音声認証のAIシステムを凝縮し、取付工事無しにいつでもどこでも簡単に導入できる「手軽な高品質」「一般への普及力」という点です。

PLEN Robotics株式会社の赤澤夏郎さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

クラウドを介さず、顔認識、音声認識を利用してサービス業の現場を自動化するAIアシスタントです。
人件費の4%のコストで60%の業務を自動化できるという費用と品質のバランスも特徴の一つです。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

人手不足に悩む中小のサービス業の現場で使って頂きたいと思います。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

少子高齢化の日本は構造的に人手不足の傾向があります。
一方で現場で扱うデータ量は飛躍的に増え、仕事は質量共に増えています。足りない人手と増える仕事のギャップを埋めたいと考えています。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

小型のデバイスに人工知能系の処理を行う機能を詰め込むのに苦労し、さらにそのデバイスを量産化するところに大変な苦労がありました。全てを自社で賄うのではなく国内外の企業との提携やインダストリーベテランなどアドバイザーの助けにより量産化ができました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

携帯電話を除けば日本のITインフラはまだ十分なものではありません。そういったIT環境でも追加負担を軽減し、人工知能テクノロジーを普段使いできる安定したサービスに育てたいと考えています。

・今の課題はなんですか?

私達はエンジニアの集団です。アイデアを形にすることには蓄積を積んできましたが、それを実証する現場を持っていません。
介護施設を例にすると、高齢者の負担にならない機器の設置位置は?高音の音声ガイダンスは聞きにくい?など、それぞれの現場特有の課題を把握し、サービスを実用性あるものにするためのしなければならないと実感しています。

・読者にメッセージをお願いします。

人手不足は日本のビジネス界では普遍的な悩みです。テクノロジーの力でこの課題を乗り越えるという志を
共通にする企業、個人の皆様との協業の機会を切望しています。

会社名 PLEN Robotics株式会社
代表者名 赤澤夏郎
創業年 2017年
事業内容 AI、ロボティクス、IoT技術により、対人サービス業務を自動化と顧客行動をデータ化し、
顧客企業の事業の効率化から収益の向上までを目指しています。
サービス名 PLEN Cube
資本金 4979万円
所在地 大阪府大阪市豊崎4丁目6-3-303
代表者プロフィール アクチュエーション制御、人と機械のインタラクション表現技術を追求し、2006年 に当時世界最小の量産化二足歩行ロボット「PLEN」を開発。
2006,2007年、Robo Games(サンフランシスコで開催される国際的ロボット競技会)freestyle/acrobat部門で2年連続金賞受賞。
2015年に「PLEN2」により、世界初のプリンタブル・オープンソース・ヒューマノイド発表。2017年PLEN Robotics株式会社を創業。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI PLEN Robotics クラウド ロボット ロボティクス 人工知能 自動化 赤澤夏郎 音声認識 顔認証
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「mediLab」が「三菱電機ITソリューションズ」と調剤薬局向けクラウドサービス「mediLab AI」の販売において業務提携
2021年5月10日、株式会社mediLabは、三菱電機ITソリューションズ株式会社と業務提携を開始したことを発表しました。 mediLabは、調剤薬局向けクラウドサービス「mediLab AI」を提…
「トレタ」が分析サービス「外食データクラウド」の提供をスタート
2019年7月8日、株式会社トレタは、「外食データクラウド」を2019年7月8日から提供スタートすることを発表しました。 「外食データクラウド」は、飲食店における予約行動や喫食行動のデータ分析を効率的…
韓国発・翻訳テクノロジーの「Flitto」が資金調達 日本市場に進出
平成29年10月10日、韓国を拠点とする、Flitto(플리토)は、資金調達を実施を発表しました。 引受先は、日本のコロプラネクストです。 統合翻訳プラットフォーム「Flitto」を開発・運営していま…
在庫分析クラウドシステム「FULL KAITEN」提供の「フルカイテン」が2億円調達
2022年1月6日、フルカイテン株式会社は、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 在庫分析クラウドシステム「FULL KAITEN」を開発・提供しています。 日々更新される販売データ・在庫デ…
SaaSのアカウント発行・権限設定自動化プラットフォーム「YESOD」提供の「イエソド」が2億円調達
2020年8月17日、株式会社イエソドは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 散らばった人事・組織情報を統合し、各種SaaSのアカウント発行・権限設定を自動化するSaaS統制プラットフ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ