注目のスタートアップ

安全・簡単なドローン作業を実現するためのソフトウェアを開発する「Red Dot Drone Japan」が資金調達

company

2024年7月11日、株式会社Red Dot Drone Japanは、資金調達を実施したことを発表しました。

Red Dot Drone Japanは、安全・簡単なドローン作業を実現するためのソフトウェアを開発しています。

4G・5Gを用いてドローンを遠隔操作する技術や、ドローンで撮影した映像の解析・物体検出技術、自動飛行技術などを開発しています。

ローンの運用を安全に簡単に管理するためのエッジとクラウドのツールを提供する「ドローンウェブサービス(DWS)」、ドローンに特化したMQTTホスティングサービス「DroneMQTT」、フィールドスポーツ向けドローン自動飛行ソリューション「SkyCoach」などをプロダクトを展開しています。

今回の資金は、ソフトウェア開発体制の強化を目的とした人材採用などに充当します。


ドローンは無人で航行する航空機のことです。

現在さまざまな領域で活用が進められているのは、マルチコプター型の小型ドローンです。このタイプのドローンは、ヘリコプターのように垂直に離着陸が可能、操縦が比較的容易、といった取り回しの良さから普及が進んでいます。

ドローンは農業における農薬散布や生育管理、建設業界における点検や測量、メディア業界における空撮、エンターテインメント業界におけるドローンショー、物流業界におけるドローン配送など、さまざまな活用が進められています。

そしてこうしたドローン活用を支えるのがドローン向けのソフトウェアです。

Red Dot Droneは、ドローンの遠隔制御技術に強みを有しており、今回の資金調達により開発体制を強化し、AIや可視化技術を駆使したさらなる進化を目指すとしています。

最新技術を活用したプロダクトやサービスの開発には豊富な資金が必要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB DroneMQTT DWS MQTTホスティングサービス SkyCoach ソフトウェア ドローウェブサービス ドローン 安全 技術 映像 株式会社 自動航行 自動飛行 解析 資金調達 遠隔操作
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

宅食ボディメイクフードブランド「マッスルデリ」提供の「Muscle Deli」が2.5億円調達
2021年7月30日、株式会社Muscle Deliは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 宅食ボディメイクフードサービス「マッスルデリ」を提供しています。 ダイエットや…
Wi-Fi電波を利用したホームセキュリティシステム「Hex Home」を展開する「ai6」が「スズケン」と資本業務提携
2022年11月11日、ai6株式会社は、株式会社スズケンと業務提携を行い、さらにスズケンヘルステックコラボレーション投資事業有限責任組合を通じての出資受け入れを行なう資本業務提携を締結したことを発表…
飲食店の業務をAIで効率化するクラウドサービス「HANZO」シリーズを展開する「Goals」が15.5億円調達
2022年6月29日、株式会社Goalsは、総額15億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Goalsは、AIによる需要予測型自動発注クラウドサービス「HANZO 自動発注」と、飲食…
定額制の全国住み放題・多拠点コリビング・サービス運営の「アドレス」が資金調達
2020年8月6日、株式会社アドレスは、資金調達を実施したことを発表しました。 定額制の全国住み放題・多拠点コリビング・サービス「ADDress(アドレス)」を展開しています。 “住居”を自由にするだ…
オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」などリモート人材事業展開の「キャスター」が13億円調達
2022年2月2日、株式会社キャスターは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」など、採用、経理、労務、カスタマーサポートなど様…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】