注目のスタートアップ

飲食店向けに野菜・果物などの食材を配送する「ベジクル」が資金調達

company

2024年6月28日、ベジクル株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

この資金調達により、累計調達額は5.2億円となりました。

ベジクルは、業務用野菜の卸売や、青果流通BPaaS事業、飲食店向けプロモーション・サンプリングサービスなどを展開しています。

青果流通BPaaS事業では、オンラインで青果流通業者の受注から出荷準備までの事務オペレーションなどを受託し、業務負担を軽減した上で新規顧客の送客も行っています。これにより、飲食店向け青果流通業者の業務効率化によるコスト抑制と、取引増による売上向上に貢献しています。

2024年6月現在、BPaaSを利用するパートナーは12社です。

今回の資金は、BPaaSプロダクトの開発、人材採用の強化に充当します。これによりサービスの全国展開を加速させます。


青果流通の特徴は、卸売市場を中心とした物流システムにあります。

このシステムでは、野菜や果物は集荷業者や農協などに集められ、その後、卸売市場や仲卸業者を経由して小売店や飲食店に届けられます。

卸売市場は、集荷・分荷機能、価格形成機能、代金決済機能、情報受発信機能の4つの主要な役割を担い、これにより安定供給を実現しています。

しかし、卸売市場を中心とした流通業務では、FAXや電話などのアナログな手段が多用されており、非効率的な業務の改善が求められています。

このような背景の中、ベジクルは飲食店向け青果流通のオペレーションにDXを導入し、生産性の高い物流オペレーションを構築しています。これにより、青果流通事業やBPaaS事業を展開し、青果流通の変革を目指しています。

事業の拡大には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BPaaS BtoB ピッキング ベジクル 八百屋 受発注 最適化 果物 株式会社 業務効率化 流通 物流 自動化 資金調達 農産物 配送 野菜 需要予測 青果 青果流通 食材 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

多能性(R)中間膜・エピタキシャルの研究開発・製造・販売を行う「Gaianixx」が10億円調達
2023年6月30日、株式会社Gaianixxは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Gaianixxは、多能性(R)中間膜と、エピタキシャルの研究開発・製造・販売を行っています。 …
リモート・アクセス時の本人認証を向上させる多要素認証サービス提供の「イニシャル・ポイント」が1億円調達
2021年3月18日、イニシャル・ポイント株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 LTE閉域網を利用しリモート・アクセス時に本人認証を向上させる多要素認証サービス「JinCre…
令和5年度補正予算「ものづくり補助金」17次締切分の募集要領が公開
2023年12月27日、「ものづくり補助金」17次締切分の募集要領が公開されました。 「ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)」は、中小企業・小規模事業者などが今後複数年に…
企業間物流に特化した物流支援事業を展開する「LOKIAR」が5,400万円調達
2024年6月4日、株式会社LOKIARは、総額5,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 LOKIARは、企業間物流支援サービス「Meech(ミーチ)」(β版)の開発・提供や、物流コンサ…
支出管理サービス「バクラク」などを提供する「LayerX」が20億円調達
2023年11月9日、株式会社LayerXは、20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、海外機関投資家のKeyrock Capital Managementです。 今回の資金調達はシ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】