注目のスタートアップ

独自の三次元形状処理ソフトウェアを活用し産業用ロボットの自律化を手がける「リンクウィズ」が4億円調達

company

2024年3月6日、リンクウィズ株式会社は、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

リンクウィズは、独自開発の三次元形状処理ソフトウェア技術にもとづき、産業用ロボットの自律化を手がけています。

大手企業を中心に、ロボットによる加工や外観検査の自動化ソリューションを提供しています。

パッケージ製品として、精密板金TIG溶接向けの「L-ROBOT板金溶接パッケージ」を展開しています。

「L-ROBOT板金溶接パッケージ」は、産業用ロボットコントロールソフトウェア「L-ROBOT」をベースに、精密板金TIG溶接向けに開発したプロダクトです。協働ロボット、3Dスキャナ、タブレットコントローラー、TIG溶接機、架台、制御盤などをパッケージ化しています。

今回の資金調達により、「L-ROBOT板金溶接パッケージ」の販路拡大に充当します。


製造業は国内GDPの2割弱を占める基幹産業です。一方で、少子高齢化による人材不足や、国際競争の激化とそれに伴う競争力の低下といった課題に直面しています。

製造業をさらに競争力のある産業へと押し上げるためには、デジタル化やDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現が不可欠です。

こうした中で、製造業ではAI・IoT・ロボティクスなどの先端技術の活用が進められています。これら先端技術は生産性向上や品質確保など多岐にわたる恩恵をもたらしています。とくに自律ロボットは高い効率化と省人化を実現するため、幅広い製造業で注目を集めています。

しかしながら、実際の製造現場においてロボットが行っているのは運搬・組立・スポット溶接などが大半です。製造業におけるもっとも一般的な作業である加工においては、ロボットの導入が進んでいないという課題があります。

加工においてロボットの導入が進まない理由のひとつにソフトウェア面の課題が挙げられます。

ロボットの動作のためには、AIに作業を教えるティーチングが必要です。しかし、加工のプロセスにおいてはこのティーチングが非常に複雑となり、大量の作業が必要となります。したがって、大量生産でない限り手作業の方がコスト効率が良いという状況があります。

リンクウィズの「L-ROBOT」は、3Dスキャナーによって対象ワークの形状を認識し、その形状の違いに応じてティーチングデータを自動で生成・補正することで加工不良ゼロを実現するソフトウェアです。

そして「L-ROBOT板金溶接パッケージ」は、この「L-ROBOT」をベースにした板金TIG溶接向けのパッケージ製品です。

板金TIG溶接は微細な精度が要求されるため、高いスキルを持つ溶接工に業務が依存していました。したがってロボットによる自動化も難しく、精密板金の現場は生産効率向上や人材確保といった課題に直面しています。

「L-ROBOT板金溶接パッケージ」は、ワークの形状や位置のバラツキにあわせて自動で動作を補正しロボットによるTIG溶接を行うことができるプロダクトです。

ロボット操作や溶接の経験がない従業員でも溶接作業に従事可能であるため、精密板金現場の課題を解決します。

近年のテクノロジーの発展は、業務に革新をもたらしています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、設備投資には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB DX L-ROBOT L-ROBOT板金溶接パッケージ TIG溶接 デジタルトランスフォーメーション ものづくり リンクウィズ ロボット 株式会社 検査 生産 生産性向上 産業 産業用ロボット 研究開発 自動 自動化 自律化 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

仮想通貨・ブロックチェーンメディア運営の「CoinPost」が映像製作スタジオ「NOMA」を率いる「EDLEAD」と業務提携
2021年12月2日、株式会社CoinPostは、EDLEAD inc.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 CoinPostは、仮想通貨・ブロックチェーンメディア「CoinPost」を運営し…
オリジナルIPのVRゲーム開発の「MyDearest」が9億円調達
2021年6月30日、MyDearest株式会社は、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オリジナルIPのVRゲームを中心に開発するエンターテインメントスタートアップです。 代表作は『東…
データ基盤の総合支援サービス「trocco」などを展開する「primeNumber」が20億円超調達
2024年4月24日、株式会社primeNumberは、総額20億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 primeNumberは、データ基盤の総合支援サービス「trocco(トロッコ)」の開発…
日程調整自動化サービス「timeshot」がリリース
2021年11月26日、雨と東京と株式会社は、「timeshot」をリリースしたことを発表しました。 「timeshot」は、面倒な日程調整をワンクリックで完了できるサービスです。 Googleカレン…
家庭のエネルギー利用を最適化するIoT製品などを手がける「Nature」が10.2億円調達
2024年2月7日、Nature株式会社は、総額約10億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Natureは、スマートリモコン「Nature Remo」や、スマホHEMS「Natur…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】