令和6年度「農山漁村振興交付金(山村活性化対策(商談会開催等事業))」

subsidy

2024年2月27日、農林水産省は、令和6年度「農山漁村振興交付金(山村活性化対策(商談会開催等事業))」の公募について発表しました。

振興山村が、自立的に安定して継続・発展していけるよう、山村地域の特色ある地域資源を活用した取組の導入部にあたる商品開発や新規事業の立ち上げから、一定の目標である商品の販路開拓・拡大をさらにバックアップする取組等を支援します。

事業内容

商談会開催等事業

(1)山村振興セミナー支援
 ・マーケティング基礎講習の開催・運営等
 ・ビジネスモデル作成ワークショップの開催・運営
 ・既存取り組みへのサポートセミナーの開催・運営
(2)商談会開催支援
 ・商談会等の開催・運営
 ・商談会開催後の参加者フォローアップ

提出期限

2024年3月15日(金)


「農山漁村振興交付金」は、地域の創意工夫による活動計画づくりから、農業者などの地域住民の就業場所確保、農山漁村における所得向上・雇用増大に向けた取り組みを総合的に支援する交付金です。

農山漁村では、過疎化・高齢化の進展などにより、地域コミュニティの衰退、農地・森林・水の管理上の問題などの課題に直面しています。

農山漁村は、農産物や海産物を供給するという重要な役割を担っているだけでなく、森林や水資源の保全、それに伴う生物多様性や多様な資源の保全なども担っています。

こうした中で農山漁村を活性化していくには、農山漁村の魅力を内外にアピールしたり、地域資源を活用した商品の開発や販路開拓、農山漁村が生み出す生産物の販路開拓といった取り組みが重要となります。

「農山漁村振興交付金(山村活性化対策(商談会開催等事業))」は、商談会の開催などを通じ、こうした取り組みを支援するものです。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

さらに、ブルーベリーファームおかざきとのコラボ企画「ブルーベリー観光農園始め方ガイド」では、農業における起業について解説しています。こちらも無料でお送りしています。


読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ セミナー 商談会 山村 農山漁村振興交付金 農山漁村振興交付金(山村活性化対策(商談会開催等事業) 農村漁村 農林水産省 運営 開催
詳細はこちら

令和6年度 農山漁村振興交付金(山村活性化対策(商談会開催等事業))の公募について

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

事業承継マッチングプラットフォーム「relay」を運営する「ライトライト」が1.4億円調達
2023年9月21日、株式会社ライトライトは、総額約1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ライトライトは、事業承継マッチングプラットフォーム「relay(リレイ)」を運営していま…
「ベター・プレイス」が金融機関10社と提携 企業年金「福祉はぐくみ企業年金基金」の普及加速へ
2023年3月28日、株式会社ベター・プレイスは、大手地方銀行を含め、累計10者の金融機関と業務提携/ビジネスマッチング契約を締結したことを発表しました。 ベター・プレイスは、福祉はぐくみ企業年金基金…
「就農準備資金・経営開始資金(農業次世代人材投資資金)」助成金
「就農準備資金・経営開始資金(農業次世代人材投資資金)」のご案内です。 農業への人材の一層の呼び込みと定着を図るため、経営発展のための機械・施設等の導入を地方と連携して親元就農も含めて支援するとともに…
【2/8開催】「BF1726 リアル+Zoom 評価制度に本気で取り組みたい中小企業のためのセミナー」
大阪中小企業投資育成株式会社が主催する「BF1726 リアル+Zoom 評価制度に本気で取り組みたい中小企業のためのセミナー」が開催されます。 以下のことを考えている企業向けのセミナーです。 ・評価制…
オンラインセミナー「特許情報調査セミナー 【4月シリーズ】」
東京都知的財産総合センターは「特許情報調査セミナー 【4月シリーズ】」の開催を発表しました。 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)や外国の検索システム(データベース)を用いて、特許情報調査の…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】