注目のスタートアップ

CO2排出量可視化・削減サービスプラットフォームを手がける「e-dash」が「三井物産」「みずほ銀行」「みずほイノベーション・フロンティ」と資本業務提携

company

2024年2月20日、e-dash株式会社は、三井物産株式会社、株式会社みずほ銀行、みずほイノベーション・フロンティア株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

e-dashは、企業や自治体のCO2排出量の可視化から具体的な削減方法までの取り組みを総合的に支援するため、2022年2月に三井物産によって設立された企業です。

CO2排出量可視化・削減サービスプラットフォーム「e-dash」を開発・運営しています。

2022年7月にみずほ銀行と業務提携し、e-dashのサービスをみずほ銀行の取引先企業に紹介することを通じ、中堅中小企業を中心とした顧客の脱炭素化に貢献してきました。

今回の提携により、こうした連携をさらに強化させます。さらに、4社の連携によりサプライチェーン全体の脱炭素化と産業の構造転換を支える仕組みの構築を目指します。


世界の平均気温は持続的に上昇しており、このまま地球温暖化が進行すれば、今世紀末までに地球の平均気温が最大で約4.8℃上昇するとの予測がなされています。

この地球温暖化を抑制するためには、企業や個人が環境に対する配慮を怠ることなく行動することが必要です。

とくに企業は、その事業活動において温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を大量に排出しているため、これを削減することが要求されています。

CO2排出の削減に向けて、日本は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「2050年カーボンニュートラル」を目指しています。

排出をゼロにするというのは、実際にはCO2を一切排出しないことは不可能であるため、排出量を減らせない分は同等の量を吸収または除去することで、合計をゼロにすることを指します。

この吸収や除去には、たとえば森林保全活動への支援などが考えられます。これらの削減量や吸収量をクレジットとして発行し、他の企業と取引可能にする仕組みをカーボンクレジットと呼びます。

自社が必要とする適切な量のカーボンクレジットを取得するには、まず自社が排出するCO2の量を正確に把握することが必要です。

CO2排出量を可視化するには、エネルギーの使用量から計算する必要がありますが、企業のエネルギー使用はガス、軽油、ガソリン、電気など多岐にわたります。さらに、製品のサプライチェーン(原料の調達、物流、販売など)におけるCO2排出量も考慮する必要があります。

したがって、CO2排出量を可視化する仕組みのニーズが高まっているのです。

環境、社会、ガバナンスに配慮する企業に積極的に投資するESG投資が世界的に盛んとなってきています。サプライチェーン排出量を把握・管理することは投資家に対するアピールにもなります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB CO2 CO2排出量 e-dash サービス プラットフォーム みずほ銀行 三井物産 二酸化炭素 削減 可視化 株式会社 脱炭素化 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

商用EV車両の製造・販売を行う「EVモーターズ・ジャパン」が1億円調達
2022年6月2日、株式会社EVモーターズ・ジャパンは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、台北市に本社を置く、国際的なODM設計・製造メーカーWistron Corporati…
デザインコンサルティング会社「SEESAW」が「Relic」と資本業務提携
2022年11月29日、株式会社SEESAWは、株式会社Relicと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 SEESAWは、新規事業のUI/UXやブランディングに特化したデザインコンサルティ…
人型重機を研究・開発する「人機一体」が「竹中土木」と資本提携
2022年12月28日、株式会社人機一体は、株式会社竹中土木と、資本提携を行ったことを発表しました。 人機一体は、Man-Machine Synergy Effector (MMSE)=人間機械相乗効…
暗号資産取引所「bitbank」運営の「ビットバンク」が75億円調達
2021年9月2日、ビットバンク株式会社は、総額約75億円の資金調達を実施したことを発表しました。 暗号資産取引所「bitbank」を運営しています。 引受先の株式会社ミクシィとは資本業務提携契約を締…
行政サービスのデジタル化を展開する「グラファー」が4.5億円調達
2019年12月20日、株式会社グラファーは、総額約4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 神戸市における複数の行政デジタル化プロジェクトや、近畿エリアの複数の自治体にソリューショ…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】