注目のスタートアップ

缶の日本酒ブランド「ICHIーGO-CAN」などを手がける「Agnavi」が8,500万円調達

company

2024年1月31日、株式会社Agnaviは、総額8,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

この資金調達は、農林水産省令で定められる農林水産物又は食品の輸出拡大を図るための「輸出事業計画」の認定を受け、株式会社日本政策金融公庫の「農林水産物・食品輸出基盤強化資金」を活用した、株式会社日本政策金融公庫による制度資金(デットファイナンス)による融資契約によるものです。

Agnaviは、1合180mLの缶の日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN」「Canpai」を展開しています。

2024年2月現在、全国150種類以上の地酒を販売しています。酒蔵の大小によらない地域の魅力を発信し、日本酒の消費拡大を目指しています。

また、北米・南米・東南アジア・ヨーロッパなど海外への輸出も行っています。

今回の資金調達により、海外市場での成長加速によるさらなる事業成長を実現していきます。


国税庁の「酒のしおり(令和5年6月)」によれば、1992年には成人1人あたりの酒類消費量が101.8Lというピークを迎え、その後減少し、2021年には74.3Lとなったと報告されています。

今後は、少子高齢化に伴う成人人口の減少が酒類消費全体に影響を与えることが予測されるため、アルコール飲料業界はこの課題にどのように対応するかが重要なテーマとなっています。

とくに厳しい状況に直面しているのは清酒です。1973年度の177万KLのピークから2021年度には40万KLまで減少し、3割以下の水準にまで低下しています。一方で、普通酒は減少傾向にありますが、純米酒・純米吟醸酒は増加傾向にあり、市場におけるニーズの変化が見られます。

この中で、日本酒の輸出量・金額は年々増加しており、海外市場が日本酒業界にとって注目の的となっています。

ところで、清酒は主に瓶やパックで販売されています。一方で、酒類において消費量の多いビールは缶が主流です。

缶は取り扱いが容易で、紫外線などによる内容物の劣化を防ぐことができるという特性があります。また、消費者の視点からは、飲みやすさや、異なる銘柄の比較、容器の廃棄など、すべての面で瓶よりも手軽であるという利点があります。

米の収穫後の冬季にのみ稼働する蔵元が多いことから、清酒は市場に安定的に供給されず、知名度の低い銘柄も多く存在します。また、清酒は四合瓶や一升瓶で販売されており、その取り回しの悪さから消費者は購入をためらうことがあります。

Agnaviは日本酒缶ブランド「ICHI-GO-CAN(一合缶)」「CANPAI」を展開し、缶のメリットを活かすことで流通などに関する課題に対処し、日本酒市場において新たな価値を提供しています。

企業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Agnavi BtoB CANPAI ICHI-GO-CAN アルコール ブランド 一合缶 地酒 日本酒 株式会社 清酒 資金調達 酒類 食品
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「スマート家族信託」を展開する「トリニティ・テクノロジー」が「SBI証券」と業務提携
2022年8月29日、トリニティ・テクノロジー株式会社は、株式会社SBI証券と、信託・相続領域における業務提携契約を締結したことを発表しました。 トリニティ・テクノロジーは、家族信託の財産管理サービス…
家庭用プラズマ美顔器「Un」の「傳心堂」が6,300万円調達
2021年9月1日、株式会社傳心堂は、総額6,3000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 先端技術を活用した美容機器の開発を行うビューティーテックベンチャーです。 プラズマ美顔器「Un(アン…
クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」・クラフトバタースイーツブランド「Butters」展開の「HiOLI」が3億円調達
2021年9月3日、株式会社HiOLIは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」とクラフトバタースイーツブランド「Butter…
研究用ロボットや人型ロボット開発の「東京ロボティクス」が2億円調達 「五十嵐電機製作所」と資本業務提携
2021年12月16日、東京ロボティクス株式会社は、株式会社五十嵐電機製作所との資本業務提携を通じ、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 東京ロボティクスは、研究用のロボットアームや人型ロボ…
スタートアップ向け融資事業「Flex Capital」や個人向け積み立てアプリを展開する「Fivot」が10億円調達
2022年9月21日、株式会社Fivotは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Fivotは、スタートアップ向け融資事業「Flex Capital」や、個人向け積み立てアプリ「ID…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】