注目のスタートアップ

心臓リハビリ治療用アプリなどを開発する「CaTe」が8,000万円調達

company

2024年1月12日、株式会社CaTeは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

これによりシリーズAラウンドの調達金額は総額4.8億円となります。

また、NEDOの2023年度「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業」(DTSU)のSTSフェーズに「運動負荷量最適化機能と心臓リハビリプログラム医療機器の開発」が採択され、最大1.9億円の助成金の交付を受ける予定です。

CaTeは、心疾患患者に対する運動療法をはじめとした心臓リハビリを自宅で行うことができる心臓リハビリプログラム医療機器の研究開発を行っています。

運動療法、日々のバイタルデータ共有、生活食事管理などの行動変容を促す機能により、包括的な心臓リハビリテーションを提供する治療用アプリです。

今回の資金等を活用し、心臓リハビリプログラム医療機器等の研究開発を進めていきます。


国内の死因第1位はがんであり、次いで心臓疾患が第2位となっています。毎年約20万人が心臓疾患により生命を落としています。

高齢化が進む中、心臓疾患の患者数は増加しており、それに伴い心臓リハビリテーション(心臓リハビリ)の重要性が増しています。

心臓リハビリは、心不全、心筋梗塞、狭心症、心臓手術後など、心臓機能が低下した患者を対象に、体力や運動機能の回復を促し、再発や悪化を防ぐための包括的なリハビリテーションです。

心臓リハビリには、運動療法や生活指導など、生活習慣の見直し、学習、カウンセリングなどが含まれます。これらは長期のプログラムであり、患者は自宅でもリハビリに取り組む必要があります。しかし、自宅での心臓リハビリは、適切な運動方法や程度が分からない、栄養管理が難しいといった理由から十分な実施が難しく、中途で断念されることがあります。

そのため、適切な心臓リハビリの実施には通院が必要であり、患者には経済的・時間的な負担がかかるという課題を抱えています。

もし自宅での心臓リハビリが適切に行うことが可能であれば、再発や悪化の防止だけでなく、患者の経済的負担軽減にも貢献できるでしょう。

CaTeは、この自宅での適切な心臓リハビリを実現するため、心臓リハビリ治療用アプリを開発しています。

このようなデジタル技術を用いた運動療法や行動変容の促進は、心臓リハビリだけでなく、生活習慣病の治療や予防にも応用が可能です。

これら治療用アプリは遠隔指導や医療において大きな可能性を秘めており、デジタルセラピューティクス(Digital Therapeutics:DTx)として、世界中で実用化に向けた取り組みが進んでいます。

事業の拡大には資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CaTe Digital Therapeutics DTx NEDO アプリ デジタルセラピューティクス バイタルデータ プログラム医療機器 リハビリ リハビリテーション 心疾患 心臓 心臓リハビリテーション 最適化 株式会社 治療アプリ 治療用アプリ 生活 研究開発 管理 行動変容 資金調達 運動負荷 食事
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

住宅建築の施工改善クラウド「QualiZ」を提供する「NEXT STAGE」が2億円調達
2023年4月3日、株式会社NEXT STAGEは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 NEXT STAGEは、ヒンシツアナリティクスクラウド「QualiZ(クオリツ)」を提供してい…
エンジニア向けリスキリングプラットフォーム「TechTrain」などを展開する「TechBowl」が3.1億円調達
2023年8月28日、株式会社TechBowlは、総額約3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 TechBowlは、エンジニア向けリスキリングプラットフォーム「TechTrain(…
自律ロボット遠隔支援サービスなどのロボットシステムやロボット開発技術を提供する「キビテク」が8.1億円調達
2024年3月27日、株式会社キビテクは、総額8億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 キビテクは、東京大学の人型ロボット研究室JSK(情報システム工学研究室)出身者を中心に2011…
サテライト・オフィス契約サービス「かんたんサテライトオフィスサービス」が開始
2019年7月18日、株式会社スペースマーケットは、「かんたんサテライトオフィスサービス」を開始したことを発表しました。 「かんたんサテライトオフィスサービス」は、法人向けの、従業員向けサテライト・オ…
飲食店の集客に特化したオールインワンツール「TITAN(タイタン)」β版がリリース
2022年12月5日、株式会社オールフィットは、新サービス「TITAN(タイタン)」β版をリリースしたことを発表しました。 「TITAN」は、飲食店に特化したWeb集客オールインワンツールです。 Go…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】