注目のスタートアップ

会話型AI構築プラットフォームを提供する「miibo」が6,000万円調達

company

2023年12月6日、株式会社miiboは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

miiboは、会話型AIの構築プラットフォーム「miibo」を開発・運営しています。

ノーコードでGPT-4やGPT-3.5を利用した会話型AIを構築することができるサービスです。

Web上で動作するチャットボット・LINE・Slackのボット・API経由での会話など、多様な会話型AIを作成できます。

性能・コスト・得意ドメインによってLLMの使い分けが可能な点、あらゆるサービス・UI・LLMとのハブとして機能する点、利用事例のSNS紹介や口コミによってのみ利用者を獲得している点などを特徴・優位性として持ち合わせています。


OpenAI社のAIチャットボットであるChatGPTの発表により、世界的に大規模言語モデル(LLM:Large Language Models)への注目が高まっています。

LLMとは、従来の言語モデルよりも大規模なパラメーターを持つディープラーニングモデルのことであり、さまざまなタスクで優れた性能を発揮しています。

たとえば、ChatGPTは、人間のような自然で柔軟な会話ができるほか、ユーザーの自然文による命令によって、レポートなどの執筆から、プログラミング、翻訳など、広範で汎用的なタスクを実行可能であり、汎用的なAIとして大きな注目を集め、現在では業務で利用されているほか、そのLLMがサービスなどに組み込まれるなどとして広く利用され始めています。

こうした中で、AIチャットボットはさまざまな業務を効率化・自動化するものとして注目され、サービスの開発・提供が加速しています。

「miibo」は、LLMが流行する以前から開発が行われていた会話型AI構築プラットフォーム開発であり、今後さらなる事業展開を目指しています。

AIは業務効率化にとっても重要な技術です。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

また、システム整備のためには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AIチャットボット BtoB LLM miibo コミュニケーション チャット チャットボット プラットフォーム 会話 会話型AI 大規模言語モデル 株式会社 構築 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データサイエンス事業を展開する「エスタイル」が「日鉄ソリューションズ」と資本業務提携
2022年9月6日、株式会社エスタイルは、日鉄ソリューションズ株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 エスタイルは、データをさまざまな手法で解析し、企業の課題解決のため提案から実装…
建機レンタル業界向けDXサービスを提供する「SORABITO」が融資により5.5億円調達
2023年9月19日、SORABITO株式会社は、合計5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 この資金調達は、株式会社日本政策金融公庫・株式会社静岡銀行からの融資によるものです。 …
航空貨物に特化したデジタルプラットフォーム「エカデジ」開発・運営の「ジャパンヒュペリナー」が3,000万円調達
2022年6月7日、ジャパンヒュペリナー株式会社は、約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ジャパンヒュペリナーは、航空貨物に特化したデジタルプラットフォーム「エカデジ」を開発・運営…
細管内の走行・撮影が可能なミミズ型ロボット開発の「ソラリス」が1.6億円調達
2022年1月19日、株式会社ソラリスは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 細管内の走行・撮影が可能なミミズ型ロボットを開発しています。 独自開発の人工筋肉によりミミズの…
Web接客ソリューションやAIチャット・ボットの「空色」が6.5億円調達
2019年8月22日、株式会社空色は、総額約6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Web接客ソリューション「OK SKY」や、AIチャット・ボット・ソリューション「Whatya」…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】