「モーダルシフト等推進事業費補助金(コンテナ専用トラック等導入事業)」

subsidy

令和4年度補正予算「モーダルシフト等推進事業費補助金(コンテナ専用トラック等導入事業)」2次募集のご案内です。

貨物鉄道、または内航船舶を利用して運送する貨物の集貨、および配達を行う第二種貨物利用運送事業者等によるコンテナ専用トラック等の導入を支援します。

対象設備

・公募開始日(2023年11月8日)以降に登録されたコンテナ専用トラックの緊締装置(コンテナサイズ12、20、31、40フィートのいずれかのコンテナを積載できるものに限る)
・公募開始日(2023年11月8日)以降に登録された緊締装置付きコンテナトレーラ(コンテナサイズ12、20、31、40フィートのいずれかのコンテナを積載できるものに限る)

補助金

上限200万円・経費の1/2以内。

申請台数

原則として1事業者(ファイナンスリースの場合は貸渡し先事業者)につき、前期・後期を通じて合計10台まで。

公募期間

2023年11月8日(水)~2024年1月19日(金)17時

注意事項

前回と公募条件が変更されています。
例:1事業者あたりの補助対象設備が1台から10台に拡大 など


道路さえあれば全国くまなく荷物を運べるトラックは、その利便性から国内貨物輸送の中心的な存在です。2020年度は、全輸送のうち55.3%が自動車が担っているというデータがあります。

一方、トラック輸送業は、深刻な人手不足に陥っているほか、「2024年問題」という大きな課題に直面しています。2024年問題とは、2024年度からドライバー1人あたりの時間外労働が年960時間に制限されることから生じる諸問題のことです。

たとえば、時間外労働の制限により、1人のドライバーが担っていた長距離輸送の見直しが必要です。300km以上の長距離輸送については、鉄道・航空・船などへの転換、いわゆるモーダルシフトが求められています。

また、これら鉄道・航空・船はトラックよりも環境負荷が低いため、環境対策としてもモーダルシフトは重要です。

モーダルシフトに対応するためには、コンテナ専用トラックの導入など、さまざまな取り組みが必要となります。

「モーダルシフト等推進事業費補助金(コンテナ専用トラック等導入事業)」は、コンテナ専用トラック等導入を支援するものです。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ コンテナ コンテナトレーラ コンテナ専用トラック等導入事業 トラック モーダルシフト モーダルシフト等推進事業費補助金 内航船 導入 支援 補助金 設備 貨物 運送 配達 鉄道
詳細はこちら

令和4年度補正予算 モーダルシフト等推進事業費補助金

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」補助金
総務省は、「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」対象事業の公募について発表しました。 高齢者・障害者のための通信・放送役務の高度化に資するICT機器・サービスに関するもの、またはこれまでに…
大企業向けデジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム提供の「テックタッチ」が5億円調達
2020年7月10日、テックタッチ株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 大企業のデジタル・トランスフォーメーションを支援するSaaS「テックタッチ」を開発・提供しています。 …
令和5年度「中小企業地域経済政策推進事業費補助金(地域DX促進環境整備事業)地域デジタルイノベーション実証型」採択結果が発表
2023年7月11日、経済産業省は、令和5年度「中小企業地域経済政策推進事業費補助金(地域DX促進環境整備事業)地域デジタルイノベーション実証型」の採択事業者を発表しました。 地域の企業が抱える課題に…
「小規模事業者持続化補助金」第13回受付締切分 「公募要領」「よくあるご質問」が更新
2023年8月3日、「小規模事業者持続化補助金」の第13回受付締切分の「公募要領」「よくあるご質問」が更新されました。 「小規模事業者持続化補助金」は、小規模事業者等が経営計画を自ら策定し、商工会・商…
内視鏡の画像診断支援AIを開発する「AIメディカルサービス」が80億円調達
2022年4月26日、株式会社AIメディカルサービスは、総額80億円の資金調達を実施したことを発表しました。 がん関連病変の内視鏡検査で、専門医の診断を支援するAIシステムを開発しています。 2022…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】