注目のスタートアップ

現場向け動画教育システム「tekibi」を運営する「Tebiki」が8億円調達

company

2023年9月12日、Tebiki株式会社は、借入等により総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Tebikiは、現場向け動画教育システム「tekibi」を運営しています。

小売・サービス・製造・物流・介護・飲食など、デスクを持たない社員が働く現場向けのクラウド動画教育システムです。

動画作成から編集まで誰でも直感的に使えるUIを特徴としています。現場のOJTをスマートフォンで撮影するだけで、自動で字幕を生成し、動画を活用した教育コンテンツを作成することができます。

今回の資金は、開発と顧客サポート体制の拡充に充当します。


ナレッジ(知識やノウハウ)の蓄積・管理・共有は、さまざまな業界で重要な課題として認識されています。

もし企業・組織内でナレッジの蓄積・管理・共有が上手くいっていない場合、業務の属人化が進んでいきます。

業務の属人化は、担当者の負担の増加、業務クオリティの特定人材への依存、困難な業務の引き継ぎなどの問題を引き起こします。

しかし、業務の属人化が常態化している組織では、それが問題だと捉えられていないこともあります。とくに人・モノ・機械などの動きが重要な現場では属人化が発生しやすく、かつ、それが当たり前だと捉えられていることが多くなっています。

こうした属人化を解消し、業務を標準化するためには、マニュアルの作成が有効的です。

しかし、前述のような人・モノ・機械などの動きが重要な現場は、テキストが主体のマニュアルでは伝えられないことも多く、結局は職人がやっていることを見て覚えたり、直接教えてもらったりする必要があります。

とはいえ、近年はこうした現場においても人手不足が進行しており、教育にリソースを割くことが難しくなっています。

こうしたなか注目されているのが、動画を活用したマニュアルや教育コンテンツです。

動画は写真・テキストよりも情報を伝えやすいことから、マニュアルにおいて過不足なく情報を伝えることが可能です。さらに近年はスマートフォンによって手軽に動画を撮影し、編集することができるため、さまざまな領域で動画が活用されるようになってきています。

教育や学習は企業の成長にとっても重要です。なかでも読書は効率的かつコストパフォーマンスの良い学習方法のひとつであるため、創業期には大きな助けとなってくれるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「オフィス移転手帳」では、書店員が選ぶ社員教育に使える本10選を紹介しています。

また、企業を成長させるには資金調達に関するノウハウもしっかりと身につけることが肝心です。「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功に導くためのノウハウなど、さまざまな資金調達に関するノウハウを提供しています。無料で送付しているので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB eラーニング OJT クラウド システム デスクレスワーカー ノウハウ 動画 動画マニュアル 教育 株式会社 現場 研修 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

グローバルコミュニケーションアプリ「Sail」や日本への就職/移住をワンストップでサポートする「世話カツ」などを手がける「Helte」と「ツナググループ・ホールディングス」が資本業務提携
2023年8月9日、株式会社ツナググループ・ホールディングスは、株式会社Helteと資本業務提携を行うことを発表しました。 Helteは、外国人と日本人を結び付けるオンラインコミュニケーションサービス…
ブロックチェーン分野のコンサルティング・サービス提供の「HashPort」が3.5億円調達
2021年3月2日、株式会社HashPortは、総額約3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 暗号資産の発行体・暗号資産交換業者向けに、暗号資産の新規取扱いに関するコンサルティング…
NFTメタバースアイドルゲーム開発の「エヌエフティアーツ」が1,200万円調達
2022年1月27日、エヌエフティアーツ株式会社は、総額1,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン向けリズムゲーム『アイドルコネクト』や、VTuberプロジェクト「ウタゴエ…
スポーツチーム・選手に応援する気持ちをギフティングできるサービスを運営する「エンゲート」が4.6億円調達
2022年4月15日、エンゲート株式会社は、総額4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エンゲートは、スポーツチームや選手をギフティングを通じて応援できるWebサービス「Engat…
タレントマネジメントクラウド「HRBrainタレントマネジメント」など提供の「HRBrain」が18億円調達
2022年2月2日、株式会社HRBrainは、総額18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 タレントマネジメントクラウド「HRBrainタレントマネジメント」や、従業員エクスペリエンスクラウド…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】