セミナー「スタートアップによる大規模技術実証を支援する補助金について」

event

一般財団法人バイオインダストリー協会は、セミナー「スタートアップによる大規模技術実証を支援する補助金について」の開催を発表しました。

スタートアップ等によるイノベーション創出をするためのSBIR(Small Business Innovation Research)制度において、社会実装に繋げるための大規模技術実証事業(フェーズ3事業)を実施する場合に、その経費の全部、または一部を補助する制度の募集を行います。

今回はその中でも、農林水産・食品分野に関わる分野のすべてのスタートアップ等に向け、現時点で開示できる範囲で説明会を開催いたします。

概要

開催日時:2023年6月28日(水)13:00~13:30
会場:MS-Teams
定員:500人
主催:(一財)バイオインダストリー協会(JBA)Food Bio Plus 研究会、(公社)農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)
参加費:無料

プログラム

・SBIR制度に関する簡単な説明
坂元 雄二 氏(日本バイオ産業人会議(JABEX) 次長)

・SBIR制度による農林水産・食品分野におけるSBIR制度に基づく補助金の説明
藤本 潔 氏((公社)農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)理事長)

・質疑応答

申込締切

・2023年6月26日(月)


SBIR(Small Business Innovation Research)制度は、スタートアップなどによる研究開発を促進し、その成果を円滑に社会実装し、それによって日本のイノベーション創出を促進するための制度です。

制度のポイントは、国の機関から研究開発型スタートアップへの補助金や委託費の支出機会を増やす仕組みを作ることと、助金や委託費の効果を高めるため、公募や執行に関する統一的なルールを設定し、研究開発成果の社会実装に向けて随意契約制度の活用など事業活動支援等を実施し、初期段階の技術シーズから事業化までを一貫して支援することです。

従来のSBIRは、1999年から実施され、中小企業やスタートアップに対し、年間400億円程度の補助金の支出がされてきました。

しかし20年にわたって運営されてきたSBIRは、米国などのように成長企業の育成やイノベーション創出につながっていないという課題があることが明らかになりました。

そのため、2021年度にSBIR制度を真にイノベーション創出に寄与する制度とするための抜本的な改革を行いました。

この改革により、SBIR制度にもとづく「指定補助金等」の対象・規模が抜本的に拡充されました。

また、ビジネスアイデアのFS調査段階(フェーズ1)、実用化に向けた研究開発段階(フェーズ2)の支援の拡充に加え、先端技術分野における大規模技術開発・実証段階(フェーズ3)も支援対象に追加されました。

農林水産省は、SBIR制度の改革に伴い、「農林水産省中小企業イノベーション創出推進基金(SBIR基金)」を設置し、農林水産・食品の分野での大規模技術実証事業(フェーズ3)を支援することとしています。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金活用や申請のノウハウを解説しています。また、日々更新される補助金・助成金の情報を、それぞれ最適化してメールでお知らせをする「補助金AI」も提供しています。こちらもご活用ください。

また、企業では補助金以外にも融資や出資などによって資金を調達する必要があります。「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資、クラウドファンディングなど、さまざまな資金調達のノウハウを解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ SBIR アイデア イノベーション スタートアップ セミナー バイオインダストリー協会 一般財団法人 先端技術 制度 創出 実証 実証事業 技術 技術シーズ 技術開発 支援 研究 補助金 説明会 農林水産 農林水産省 食品
詳細はこちら

緊急セミナー:「スタートアップによる大規模技術実証を支援する補助金について」農林水産・食品分野におけるSBIR制度に関する令和4年度補正予算

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

在宅環境整備サービス「リモートHQ」 新年度入社の社員を対象としたリモートワーク環境の整備支援「はじめてのリモートワークプラン」を開始
2022年1月5日、株式会社HQは、提供する「リモートHQ」において「はじめてのリモートワークプラン」を2022年1月5日(水)から提供開始することを発表しました。 「リモートHQ」は、社員ごとに最適…
AI与信審査技術の開発やAI定性与信審査SaaSを展開する「H.I.F.」が6.6億円調達
2022年8月31日、H.I.F.株式会社は、総額6億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 H.I.F.は、AI与信審査技術の開発・提供や、法人版後払い(保証付)サービス「Fimpl…
「65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)」
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は、「65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)」について発表しました。 65歳以上への定年引上げ等の取り組みを実施した事業主に対して助…
「Candee」と「クレプシードラ」が協業 空間音響を用いた動画制作・ライブ配信支援を開始
2021年7月19日、株式会社Candeeは、クレプシードラ株式会社と業務提携を行うことを発表しました。 Candeeは、ライブ配信・動画制作事業や、ライブ配信・動画制作を中心としたデジタルマーケティ…
【東京都】「サーチファンドを活用した中小企業の事業承継支援」
東京都は、2024年度新規事業「サーチファンドを活用した中小企業の事業承継支援」における事業者(無限責任組合員)の募集について発表しました。 東京都は、中小企業の事業承継を円滑に進めるべく、会社の事業…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】