注目のスタートアップ

電子チケット販売サービス「TIGET」などを展開する「grabss」が3億円調達

company

2023年4月18日、株式会社grabssは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

grabssは、電子チケット販売サービス「TIGET(チゲット)」や、インターネット無料通話サービス「THISIS(ディスイズ)」などを提供しています。

「TIGET」は、ライブエンターテインメント特化型の電子チケット販売、ライブ配信のプラットフォームです。

セルフサーブ型電子チケット販売サービス「TIGET」、イベント特化型ネットショップ作成サービス「TIGET マーケット」、ライブ配信サービス「TIGET LIVE」などの各種サービス、次世代顔認証チケット機能、公式定価リセール機能などを提供しています。

今回の資金は、「TIGET」のセールス・プロモーションのさらなる展開、タイをはじめとした海外販売体制の構築、既存・新規プロダクト開発の加速、組織体制の強化、人材採用に充当します。


音楽ライブなどのライブエンターテインメント市場やスポーツビジネスは、消費者のコト消費(体験型消費)への消費活動のシフトにより、成長市場のひとつとなっています。

新型コロナウイルス感染症による外出自粛などの煽りを受けていますが、コロナ禍が収まりつつあるなか、ライブエンターテインメント市場の回復も期待されています。

一方、ライブエンターテインメントでは、チケットの高額転売が大きな課題となっています。

チケットの高額転売は、事業者側には転売を行う者の大量アクセスによってシステムが不安定になってしまうことや二次流通の利益が入ってこないこと、利用者側には欲しいチケットが手に入らないことや転売された高額なチケットを買わなくてはならないことなどの不利益をもたらします。

転売を防ぐにはチケットと個人情報を紐付け、入場の際には身分証を提示しなくては入場できないといった対策もあります。しかしこの方法は、入場に関する業務負担が増大すること、チケット購入者が開催日前に来場できなくなった際に知り合いにチケットを譲ったりすることができないことといった課題を抱えています。

電子チケットはこうしたチケットの転売の課題解決や、チケットの販売・運用にかかる業務負担を軽減するものとして注目されています。

grabssが提供する「TIGET」は、販売手数料0円からはじめられる電子チケット販売プラットフォームです。

チケットのもぎり(入場受付)にあたっては、スマートフォンを利用したQRコード認証などの入場管理が行えるほか、イベントページ作成から、定価リセール販売、EC機能、アンケート、売上管理といった機能も備えているため、ライブエンターテインメント業務に関する多くをデジタル化することができます。

非効率的な業務はデジタル化によって効率化することが重要です。とくにリソースの限られる創業期はデジタル化によって効率化・省人化・自動化を図り、コア業務に集中できるリソースを創出することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ grabss THISIS TIGET イベント エンターテインメント グラブス サービス チケット ディスイズ ネットショップ プラットフォーム ライブ ライブエンターテインメント ライブ配信 リセール 作成 株式会社 特化型 販売 資金調達 電子チケット 顔認証
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

新卒採用プラットフォーム「インタツアー」が採用コミュニケーションツール「next≫」とサービス提携
2023年6月1日、株式会社インタツアーは、株式会社アローリンクとサービス提携を開始したことを発表しました。 インタツアーは、新卒採用プラットフォーム「インタツアー」を運営しています。 就職活動の間、…
決済ムーブメント「Jamm」が1.55億円調達
2023年9月1日、株式会社Jammは、総額約1億5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Jammは、新たな決済社会の実現を目指すムーブメントを展開しています。 クレジットカードに代わ…
令和4年度「農業支援サービス事業インキュベーション緊急対策のうちスマート農業機械等導入支援」(第4次公募)
2023年10月13日、農林水産省は、令和4年度「農業支援サービス事業インキュベーション緊急対策のうちスマート農業機械等導入支援」(第4次公募)の公募について発表しました。 「農業支援サービス事業イン…
DX推進と内製化を支援する「STANDARD」が5億円調達
2022年11月2日、株式会社STANDARDは、約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、スパークス・アセット・マネジメント株式会社が運営する「未来創生3号ファンド」です。 STA…
「TWIN PLANET」が個人に寄り添い活動をサポートするタレント向けサービス「BPS(ビジネスパーソナルサービス)」を開設
2020年5月29日、株式会社TWIN PLANETは、「BPS(ビジネスパーソナルサービス)」を開設したことを発表しました。 「BPS」は、芸能人、歌手、スポーツ選手、文化人などを対象に、所属事務所…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】