注目のスタートアップ

クライオ電子顕微鏡による構造解析技術を活用した創薬事業を展開する「キュライオ」が2.6億円調達

company

2023年3月22日、株式会社キュライオは、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

2021年6月に発表した総額約3.1億円の資金調達を合わせ、累計調達額は5.7億円となっています。

キュライオは、クライオ電子顕微鏡を用いたStructure-Based Drug Discovery(SBDD)による自社創薬事業と、創薬支援事業を進めています。

クライオ電子顕微鏡による構造解析は、従来のX線構造解析では難しかったタンパク質の大部分において構造解析を可能とする技術として注目されています。

キュライオは、「構造解析による標的をしっかりと可視化した創薬」と「創薬研究開発効率の大幅な向上」の実現のために事業を進めています。

今回の資金は、自社創薬事業内の主力パイプラインの加速・拡大、基盤技術の開発を目的とした研究開発・設備投資・体制強化に充当します。


従来の創薬では、新薬の候補となる化合物を見つけるため、有機合成の専門家による知見・経験に頼った実験が必要でした。

この化合物探索のプロセスは2年から4年程度かかりますが、必ずしも薬の開発が成功するとは限らず、探索プロセスが無駄になってしまうこともあります。

さらに、創薬には莫大なコストがかかり、その成果の予測が難しいため、開発期間とコストは創薬企業にとって長年の悩みの種となっています。

また、近年はさまざまな研究が飛躍的に進展し、核酸医薬、細胞治療、遺伝子治療など、新たな医薬品・治療法が実用化されています。

一方で、こうした医薬品・治療法を実現するための創薬研究の難度も高くなり、新薬を作りだせる確率が低下しています。

こうした状況の中、創薬プロセスを大幅に効率化するため、AIを活用しコンピューターの中で新薬候補を見つけるin-silico創薬(インシリコ創薬)など、新たな創薬基盤・技術への注目が高まっています。

キュライオが展開しているクライオ電子顕微鏡を用いた構造解析は、2017年にノーベル化学賞を受賞した構造解析手法のひとつであり、創薬標的となるタンパク質の構造解析において、従来の構造解析技術を凌駕する技術として注目されています。

研究開発を主体としたビジネスでは、ビジネスとして軌道に乗るまでの研究開発費用が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SBDD Structure-Based Drug Discovery キュライオ クライオ電子顕微鏡 タンパク質 創薬 創薬支援 構造解析
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ヒト神経作製技術や人工シナプス形成技術を有する「Jiksak Bioengineering」が8億円調達
2022年8月29日、株式会社Jiksak Bioengineeringは、総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Jiksak Bioengineeringは、神経オルガノイド「Nerv…
独自のDNA/RNA編集技術による遺伝子治療薬の創薬・研究開発を行う「エディットフォース」が3億円調達
2023年5月22日、エディットフォース株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 直近では、2023年3月に18億円の資金調達を発表しています。 エディットフォースは、ISCO株…
腸内細菌叢バンクの構築により腸内細菌叢移植(FMT)の社会実装とマイクロバイオーム創薬を推進する「メタジェンセラピューティクス」が11億円調達
2023年4月5日、メタジェンセラピューティクス株式会社は、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メタジェンセラピューティクスは、腸内細菌叢バンクの構築により、腸内細菌叢移植(FMT)…
末梢性神経障害性疼痛を対象した治療薬を開発する「AlphaNavi Pharma」が6.1億円調達
2023年3月1日、AlphaNavi Pharma株式会社は、総額約6億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AlphaNavi Pharmaは、治療抵抗性の疼痛疾患に対する非オピ…
創薬バイオベンチャーの「セルアクシア」が6.4億円調達
2022年8月19日、セルアクシア株式会社は、総額約6億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 セルアクシアは、従来の治療法では治せなかった難治性疾患に対して画期的な有効性を示す新規細…

大久保の視点

明治大学でビジコン開催!優勝は明治大学文学部1年の大神千朋さん・多様性支援のDelquiデルクイ
2023年3月15日(水)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第1回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われた。 明治大学の各学部…
(2023/3/15)
「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集