注目のスタートアップ

中国アニメ映画の配給などを行う「チームジョイ」が「トムス・エンタテインメント」と資本業務提携

company

2022年8月2日、チームジョイ株式会社は、株式会社トムス・エンタテインメントと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

チームジョイは、映画の企画・制作・宣伝・配給や、IPの開発・管理・売買・輸出入、日中の文化交流・映像産業におけるイベントの企画などを展開しています。

これまでに、映画『羅小黒戦記』『白蛇:縁起』や、テレビアニメ『ミニ豆ちゃん』などの海外アニメーション作品を日本で展開しています。

制作業務では、『唐人街探偵 東京MISSION』(原題:唐人街探案3)の日本プロデュース兼撮影協力を行っています。

トムス・エンタテインメントは、アニメーション制作事業、映像ライセンスビジネス、マーチャンダイジングビジネスを展開しています。

『ルパン三世』『それいけ!アンパンマン』『名探偵コナン』などのアニメ作品の継続的な制作や、440作品・エピソード数12,000話を超えるライブラリーのグローバル配信を行っています。

今回の提携により、双方が有する経営資源・経営ノウハウを活用し、共同で新たなグローバルビジネスIPの創出を目指します。

国内のアニメーション作品は世界的に高い評価を得ており、たとえばスタジオジブリの『千と千尋の神隠し』は世界80以上の国で公開されています。

また、日本のアニメ作品をローカライズして配信する動画配信サービスも各国で展開され、文化・コンテンツとして世界的に広まっていっています。

国内のアニメ産業の市場規模については、2010年には約1.3兆円だったものが、2019年には2.5兆円へと大きく拡大しています。

一方で、国内のアニメ制作会社は、作品数の増加によって1作品あたりにかけられる労力が減り、また良質な原作・企画が枯渇し、良質な作品が生まれないという状況に陥っています。

国内でのアニメ制作は、資金調達と企画発案を担当する製作と、実際に作品をつくる制作にわかれており、これを製作委員会方式といいます。

製作委員会方式は、作品がヒットしなかった際の大きな負債を抱えるリスクを回避することを目的としているのですが、前述のように良質な作品が生まれない状況では、出資者はリスクを分散するため新しい作品や取扱商品を増やす戦略をとっており、さらに良質な作品が生まれないという状況に陥ってしまっています。

そのため制作会社では、自社も製作委員会にコミットして出資し、作品の権利を持つことで、制作した作品の利益を最大化させるという動きも出てきています。これにより企画にも携わることができるようになります。

国内アニメ産業に大きな変化が必要とされている中、チームジョイとトムス・エンタテインメントがどのような方法でグローバルビジネスIPを創出していくのか注目が必要です。

海外市場は非常に大きな市場であるため、参入することで利益の向上を見込めます。「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IP IPコンテンツ アニメ アニメーション エンターテインメント チームジョイ トムス・エンタテインメント 中国 企画 制作 唐人街探偵 宣伝 映画 株式会社 羅小黒戦記 資本業務提携 配給
広報手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「リアコネ」が廃棄予定在庫をクローズドマーケット内で特定事業者に販売するBtoB販売サービス「リアコネBOX」をローンチ
2022年3月28日、株式会社リアコネは、「リアコネBOX」を開始することを発表しました。 「リアコネBOX」は、非耐久消費財メーカー(日用品、加工食品、化粧品など)がやむを得ず抱えてしまう廃棄予定在…
市民参加型合意形成プラットフォーム「Liqlid」開発の「Liquitous」が資金調達
2022年9月27日、株式会社Liquitousは、資金調達を実施したことを発表しました。 市民参加型合意形成プラットフォーム「Liqlid」の開発と、導入・運用・定着支援、効果分析を通した社会実装を…
IoTオーケストレーション・サービス「enebular」運営の「ウフル」が資金調達
2020年1月28日、株式会社ウフルは、資金調達を実施したことを発表しました。 IoTオーケストレーション・サービス「enebular(エネブラー)」を運営しています。 IoT製品・サービスづくりを包…
SaaSインテグレーション・サービス「Hexalink」の提供元が8,000万円調達
2019年7月9日、ビーテクノロジー株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SaaSインテグレーション・サービス「Hexalink(ヘキサリンク)」を開発・提供していま…
家族の自然な日常を動画で残す「きづなFilm」プロジェクトがスタート
2022年1月31日、株式会社ai moveは、「きづなFilm」プロジェクトをスタートしたことを発表しました。 「きづなFilm」は、家族の自然な姿とメッセージを映像に残し、将来親から子にプレゼント…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ